野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

“神スイング”稲村亜美が今季初始球式 赤バットの徳川家康公に空を斬らす

“神スイング”で知られるタレント稲村亜美が21日、ナゴヤドームで開催された愛知ディオーネvs埼玉アストライアによる日本女子プロ野球リーグ(JWBL)シーズン開幕戦の始球式に臨み、愛知を代表する武将・徳川家康公から空振りを奪った。

女子プロ野球開幕戦で稲村亜美と武将・徳川家康公の対決が実現【写真提供:日本女子プロ野球リーグ】
女子プロ野球開幕戦で稲村亜美と武将・徳川家康公の対決が実現【写真提供:日本女子プロ野球リーグ】

日本女子プロ野球リーグ開幕戦で世紀の対決が実現

 “神スイング”で知られるタレント稲村亜美が21日、ナゴヤドームで開催された愛知ディオーネvs埼玉アストライアによる日本女子プロ野球リーグ(JWBL)シーズン開幕戦の始球式に臨み、愛知を代表する武将・徳川家康公から空振りを奪った。

5度目のW杯出場は「目指します」 女子代表・川端友紀が特別な価値を置く場所(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 プロ野球をはじめ数々の始球式を務める稲村亜美は、これまで自身最速105キロを記録している。今シーズン初めての始球式となったこの日。対戦したのは「名古屋おもてなし武将隊」の徳川家康公。赤バットを握って右打席に立った家康公は、稲村の投げたノビのある速球に空振りすると一回転してうずくまり、悔しがった。

 歴史に名高い武将に空を斬らせ、今季初始球式を幸先のいい形でスタートさせた稲村。2018年は果たして何度始球式のマウンドに上がるのか楽しみだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」