野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

152キロの直球を武器に開幕1軍へ 西武ドラ3・19歳右腕「球速に関してはまだ伸びる」

四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスからドラフト3位指名を受け埼玉西武に入団した伊藤翔投手。千葉県の横芝敬愛高を卒業後、最短でのプロ入りを目指し独立リーグへ進んだ。1年目の昨季、最速152キロの速球を武器にチームを独立リーグ日本一に牽引。そして見事に1年でプロ入りの夢を果たした。

インタビューに応じた西武・伊藤翔【写真:篠崎有理枝】
インタビューに応じた西武・伊藤翔【写真:篠崎有理枝】

西武ドラ3伊藤翔インタビュー後編

 四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスからドラフト3位指名を受け埼玉西武に入団した伊藤翔投手。千葉県の横芝敬愛高を卒業後、最短でのプロ入りを目指し独立リーグへ進んだ。1年目の昨季、最速152キロの速球を武器にチームを独立リーグ日本一に牽引。そして見事に1年でプロ入りの夢を果たした。

 オープン戦は5試合に登板し、7回2/3を投げてわずか1失点と好投。徳島では、阪神の2軍や、巨人、ソフトバンクの3軍との交流戦を経験しているが、「1軍の選手は雰囲気が違う」と対戦した印象を話す。それでも徳島では「1軍の選手を相手にどういうピッチングをしたら通用するかを研究していた」と振り返り、「後ろに引いたら進歩できない。自分らしいピッチングができないのは嫌だし、後悔が残る」と、強気な姿勢で挑んだ。

「徳島ではフューチャーズ(イースタン・リーグ混成チーム)との交流戦でも登板しましたが、自分のピッチングが全くできませんでした。3軍では振ってくれるボールを、2軍は振ってくれないし、簡単にファールにされました。『2軍でこれだから1軍では通用しない。まだまだ、だな』と常に考えていました。1軍のピッチャーはどういうボール投げているのか、テレビや動画を見て勉強もしていました。自分の方が実力も経験も下ですが、1軍で経験させていただいているので、後ろに下がる気はありません」

 そんな度胸が魅力の19歳は、オープン戦での失敗で学んだという。3月14日の対中日戦、先発の菊池雄星投手が首の違和感を訴え初回で降板し、2回から急遽登板。しかし、先頭打者の平田良介外野手にレフト前ヒットを許すと、続く松井佑介外野手にデッドボール。バントでランナーを進められた後、荒木雅博内野手にタイムリーヒットを打たれ、NPBで初の失点を喫した。この試合を振り返り、「自分の準備不足です。言い訳できません」と反省しきりだが「開幕前でよかった」とプラスに捉えている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」