野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 中日
  • “ドラ党”ミュージシャン夢の対談が実現 第1弾のお題は「竜愛に目覚めた時」

“ドラ党”ミュージシャン夢の対談が実現 第1弾のお題は「竜愛に目覚めた時」

いよいよ2018年のレギュラーシーズンが開幕したプロ野球。シーズンオフ~オープン戦を経て、各チームがリーグ制覇に向けて戦力を整えてきたなか、注目のチームとして挙げられるのは、何といっても松坂大輔投手が入団した中日だろう。そんな中、“大の中日ファン”を公言するミュージシャン同士の対談が「Full-Count」で実現。結成29年、デビュー23年目を迎えた「フラワーカンパニーズ」のベーシスト・グレートマエカワ氏と、キャッチーなサウンドとメロディーで魅了する「KEYTALK」のドラマー・八木優樹氏だ。進行役は、この4月から「Full-Count」とコラボレーションすることになったFMおだわら「NO BASEBALL, NO LIFE.」のメインMCを務めるファンク・バンド「SCOOBIE DO」のドラマー・オカモト“MOBY”タクヤ氏だ。

“ドラ党”ミュージシャンが「竜愛に目覚めた瞬間とは」【写真:岩本健吾】
“ドラ党”ミュージシャンが「竜愛に目覚めた瞬間とは」【写真:岩本健吾】

フラワーカンパニーズ・マエカワ氏とKEYTALK・八木優樹氏が熱弁!

 いよいよ2018年のレギュラーシーズンが開幕したプロ野球。シーズンオフ~オープン戦を経て、各チームがリーグ制覇に向けて戦力を整えてきたなか、注目のチームとして挙げられるのは、何といっても松坂大輔投手が入団した中日だろう。そんな中、“大の中日ファン”を公言するミュージシャン同士の対談が「Full-Count」で実現。結成29年、デビュー23年目を迎えた「フラワーカンパニーズ」のベーシスト・グレートマエカワ氏と、キャッチーなサウンドとメロディーで魅了する「KEYTALK」のドラマー・八木優樹氏だ。進行役は、この4月から「Full-Count」とコラボレーションすることになったFMおだわら「NO BASEBALL, NO LIFE.」のメインMCを務めるファンク・バンド「SCOOBIE DO」のドラマー・オカモト“MOBY”タクヤ氏だ。

【動画】中日への愛が溢れ出る「KEYTALK」八木優希氏によるコメント!

 5年連続Bクラスに沈んだ中日に大きな期待を寄せる、生粋の“ドラ党”が普段では見せない濃厚なトークを繰り広げてくれた。第1弾は「ドラゴンズ愛に目覚めた瞬間とは」について語る。(構成:久保田泰平「NO BASEBALL, NO LIFE.」)

――お2人がお会いするのは初めてと聞きました。まずは中日ファンになった経緯を教えてください。

マエカワ「ちゃんとしゃべったことはなかったし、まさか中日ファンだとはねぇ! 聞いたら名古屋出身でもなく」

八木「そう、生まれは東京なんですけど、親が名古屋の人で、祖父は中日新聞に務めていたんですよ」

マエカワ「バリバリの中日関係者じゃない!(笑)」

八木「身体は東京にあるんですけど、心は名古屋で(笑)」

マエカワ「ちなみに、ご両親はおいくつぐらいなの?」

八木「50代半ばぐらいですね」

マエカワ「じゃあ、オレの兄貴と同じぐらいだね。兄貴がバリバリの中日ファンだったから、そのままオレもだったんだけど、昭和49年のリーグ優勝とかバッチリ見てる世代だよね」

八木「そうだと思います。高木守道が大好きな父親で」

マエカワ「なるほどね。ウチの兄貴があのとき中学ぐらいで、八木くんのお父さんもそのぐらいだったと思うんだけど、兄貴は中日新聞のスポーツ欄を毎日スクラップしててね、昭和48年度版と49年度版は多分まだ実家に残ってるはず」

八木「うわっ、それ見たいです! 僕も98年、99年で……朝日新聞なんですけどスクラップしてました」

マエカワ「すごいよ、それ! いくつの時?」

八木「小5、小6ですね」

――マエカワさんは地元が名古屋ですね。

マエカワ「そうだね。それこそ昭和49年の優勝の時は幼稚園に入ったばっかぐらいで、その時から好きだったね。あの年は長嶋選手が最後の年で、中日ファンだけど長嶋、王も好きだったな」

――八木さんにとって最初のドラゴンズの記憶とは?

八木「1997年ですね。ナゴヤドーム元年」

マエカワ「あの年は最下位だったもんね」

八木「そうですね、父に連れられて東京ドームで観ることが多かったですかね。でも、勝った試合をほとんど観たことがない(笑)。98年以降は勝率的にそこそこ高かった時期なんですけどね、泣いて帰ることが多かったですね(笑)」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」