野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

“ドラ党”ミュージシャンが夢の対談 2人が期待を寄せる「期待の若手」は…

“大の中日ファン”を公言するミュージシャン同士の対談が「Full-Count」で実現。結成29年、デビュー23年目を迎えた「フラワーカンパニーズ」のベーシスト・グレートマエカワ氏と、キャッチーなサウンドとメロディーで魅了する「KEYTALK」のドラマー・八木優樹氏だ。

生粋のドラゴンズファンである「KEYTALK」のドラマー・八木優樹氏(左)と「フラワーカンパニーズ」のベーシスト・グレートマエカワ氏【写真:岩本健吾】
生粋のドラゴンズファンである「KEYTALK」のドラマー・八木優樹氏(左)と「フラワーカンパニーズ」のベーシスト・グレートマエカワ氏【写真:岩本健吾】

フラワーカンパニーズ・マエカワ氏とKEYTALK・八木優樹氏が熱弁!

 いよいよ2018年のレギュラーシーズンが開幕したプロ野球。シーズンオフ~オープン戦を経て、各チームがリーグ制覇に向けて戦力を整えてきたなか、注目のチームとして挙げられるのは、何といっても松坂大輔投手が入団した中日だろう。そんな中、“大の中日ファン”を公言するミュージシャン同士の対談が「Full-Count」で実現。結成29年、デビュー23年目を迎えた「フラワーカンパニーズ」のベーシスト・グレートマエカワ氏と、キャッチーなサウンドとメロディーで魅了する「KEYTALK」のドラマー・八木優樹氏だ。進行役は、この4月から「Full-Count」とコラボレーションすることになったFMおだわら「NO BASEBALL, NO LIFE.」のメインMCを務めるファンク・バンド「SCOOBIE DO」のドラマー・オカモト“MOBY”タクヤ氏だ。

【動画】中日への愛が溢れ出る「KEYTALK」八木優希氏によるコメント!

 生粋の“ドラ党”2人は初対面にもかかわらず、第1弾「ドラゴンズ愛に目覚めた瞬間とは」について語り始めると、すぐに意気投合。第2弾は「期待の若手」「音楽とドラゴンズを繋ぐ秘話」に花を咲かせてくれた。(構成:久保田泰平「NO BASEBALL, NO LIFE.」)

――さて、2018年のドラゴンズ、期待している若手選手は誰でしょう?

八木「まずは近藤弘基選手」

マエカワ「それはオレも期待してる。キャンプ情報なんかで今年はイイっていう話を耳にしたんでね。今年、スタメンに入ってきたら面白いんじゃないかな」

八木「そう、僕もそう思います。僕の中での予想スタメンからは外れるんですけど、入ってきたら面白いっていう、まったくその通りで。予想スタメンではなく、希望スタメンに挙げたいですね」

マエカワ「うんうん。あとは福田永将選手なんかが4番に定着したら面白いね」

八木「去年はゲレーロ選手のケガがきっかけで出場機会を得たんで、まだ1シーズン通して出たことがないんですけどね。いずれはクリーンナップを打てる人って言われてて、ここ1、2年でようやく才能の片鱗を見せてきましたけど、今年はスタメン定着でいくぞ、みたいな感じじゃないですかね」

マエカワ「40本は打てる逸材だよね」

八木「1年間フルで出たらどんだけの数字を残すのかっていう」

マエカワ「去年は……95試合? 規定打席に達してないんだよね。福田選手のイメージってね、その昔の山崎武司に近い。愛工大明電から入ってきて、オープン戦でバリバリ打ってて、これは即出てくるぞと思ったら出てこなかった(笑)。高校通算56本塁打も一線級相手だとダメなんだろうなって思ってたら、ちょっとしてから出てきて、すごい活躍してね」

八木「福田選手もそうであるよう願いたいですね。同い年なんで、それもまた余計に応援したくなる理由で」

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬