野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

初のリーグ連覇に向けて好発進 “投手”の仙台大を牽引する頼れる4番打者

仙台六大学野球の春季リーグ戦が7日、開幕した。昨秋1位の仙台大は10-3で同6位の宮城教育大に勝利。4番・鳥井凌外野手(4年・尽誠学園)が2本塁打でチームを牽引した。

仙台大学・鳥井凌外野手【写真:高橋昌江】
仙台大学・鳥井凌外野手【写真:高橋昌江】

今季初戦で4年・鳥井が2本塁打、流れを決めるポイントで2発

 仙台六大学野球の春季リーグ戦が7日、開幕した。昨秋1位の仙台大は10-3で同6位の宮城教育大に勝利。4番・鳥井凌外野手(4年・尽誠学園)が2本塁打でチームを牽引した。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 ドラフト1位で阪神入りした最速155キロ右腕・馬場皐輔投手、ゲームメイクが上手くエース格だった岩佐政也投手(JR東日本東北)が卒業した仙台大。昨年は投手陣が注目されたが、この日は4番・鳥井のバットが流れを引き寄せた。

 初回2死一塁。内角高めの直球にバットを振り抜いた。打球はレフトの頭上を大きく越えてスタンドイン。先制2ランに「弾道が低かったけど、手応えがあったので行ったかなと思いました」と喜んだ。

 3回には先頭打者としてショート内野安打で出塁。指名打者の5番・松本胤紀捕手(1年・取手松陽)の右安で三塁に進むと、併殺の間に5点目のホームを踏んだ。ところが、仙台大打線はその後、好機を生かせず。先発・稲毛田渉投手(3年・帝京)が安打を集められ、守備のリズムも悪く、7回が終わって5-3と追い上げられた。

 そんなムードを払拭したのも鳥井だった。8回、先頭打者で打席に入ると、3球目の真ん中直球を強振。大きな弧を描いた打球は左中間スタンドに入った。「次の1点をどちらが取るか、という中で、あの1点は大きかった」と森本吉謙監督。息を吹き返したように打線が繋がり、この回、3得点。9回にも2死から2点を加えた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」