野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

平成ベストナインを選ぶ 優秀で個性的な遊撃手、NO1は松井稼頭央?

来年4月で平成は終わり。31年に及ぶ平成時代に、幕が下りる。プロ野球では、平成に入って多くの選手が活躍した。平成時代のベストナインを考えていきたい。

西武・松井稼頭央【写真:荒川祐史】
西武・松井稼頭央【写真:荒川祐史】

平成時代に遊撃で1000試合以上出場した選手は16人

 来年4月で平成は終わり。31年に及ぶ平成時代に、幕が下りる。プロ野球では、平成に入って多くの選手が活躍した。平成時代のベストナインを考えていきたい。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 内野手の中でも高い身体能力を求められる遊撃手。内野の要ともいえるこのポジションで平成時代に1000試合以上出場した選手は16人いる。時代順に紹介しよう。タイトルと賞は平成時代以降の遊撃手での受賞に限定、実働年と打撃成績は遊撃手以外での数字も含む。2018年4月15日まで。

◯野村謙二郎(平成元年~17年 広島)遊撃1235試合出場
通算成績 2020安打169本765点250盗 打率.285
盗塁王3回、最多安打3回、ベストナイン3回、ゴールデングラブ1回

 当初は外野も守ったが、2年目から遊撃手に。赤ヘル軍団のリードオフマンとして3割を3回。安打製造機として活躍。平成12年から三塁にコンバートされた。

◯川相昌弘(平成元年~18年 巨人)遊撃1296試合出場
通算成績 1199安打43本322点47盗 打率.266
ベストナイン1回、ゴールデングラブ6回

 昭和58年にプロ入り。当初はユーティリティだったが、平成元年に正遊撃手に。犠打の名手として最多犠打7回。通算533犠打はMLB記録をも抜く。守備でも俊敏だった。

◯田中幸雄(平成元年~19年 日本ハム)遊撃1108試合出場
通算成績 2012安打287本1026点40盗 打率.264
打点王1回、ベストナイン4回、ゴールデングラブ5回

 強打の遊撃手。平成7年にはイチロー、初芝清と打点王を分け合う。「ミスターファイターズ」として長く活躍。チームメイトに同姓同名の投手がいた。

◯石井琢朗(平成元年~24年 大洋・横浜、広島)遊撃1767試合出場
通算成績 2432安打102本670点358盗 打率.282
盗塁王4回、最多安打2回、ベストナイン5回、ゴールデングラブ1回

 1767試合は遊撃手としてNPB史上最多出場。投手として入団し、内野手に転向。正遊撃手になったのは平成8年から。平成10年の横浜優勝時には選手会長としてチームを引っ張る。

◯久慈照嘉(平成4年~17年 阪神、中日、阪神)遊撃1098試合出場
通算成績 811安打6本153点51盗 打率.257
新人王

 広い守備範囲を誇った遊撃手。1年目から正遊撃手となり新人王。同時期にライバルが多く賞には恵まれなかったが守備、つなぐ打撃の名手として活躍。阪神に戻って引退。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」