野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

独立リーグ高知を明るくする米国人女性 国際広報兼通訳で「架け橋」に

独立リーグ四国アイランドリーグ・高知ファイティングドッグスの本拠地、高知市野球場でひときわ溌溂とした表情で働くアメリカ人女性がいる。エミリー・ポラードさんだ。

高知ファイティングドッグスで国際広報兼通訳として働くエミリー・ポラードさん【写真:広尾晃】
高知ファイティングドッグスで国際広報兼通訳として働くエミリー・ポラードさん【写真:広尾晃】

今年から社員として高知に入社、メジャーの超大物選手の夫人とは親友

 独立リーグ四国アイランドリーグ・高知ファイティングドッグスの本拠地、高知市野球場でひときわ溌溂とした表情で働くアメリカ人女性がいる。エミリー・ポラードさんだ。

 テキサス州出身のエミリーさんは、4年前に来日。高知市内の中学校で英語教師として働いていたが、日本語を学びたいエミリーさんにとって、英語を話すのが仕事の英語教師は、少し希望にマッチングしなかった。高知で暮らすうちに、高知ファイティングドッグスを知り、ボランティアとして球団の運営を手伝うようになった。

 そして今年から、社員として高知ファイティングドッグス球団に入社した。肩書は国際広報兼通訳。

 実はエミリーさんは、超大物メジャーリーガーの知り合いだ。アトランタ・ブレーブスの至宝で今年、米国野球殿堂入りしたチッパー・ジョーンズの現夫人とエミリーさんは親友なのだ。

 今年7月の殿堂入りセレモニーにも招待され、アトランタからチッパーの自家用ジェットで一緒にニューヨーク入りする予定。エミリーさんはニューヨークでは高知ファイティングドッグスの広報として営業をすると意気込んでいる。

 昨年、高知には、こちらも超大物メジャーリーガーのマニー・ラミレスがやってきていた。また、こちらもメジャーリーガーだったアンダーソン、さらにロドリゲス、ラフと外国人選手がたくさんいた。エミリーさんは彼らの通訳として、大活躍をした。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」