野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 日本人選手
  • 大谷は偉大な先輩を超えるか 米誌選出、1年目に最も活躍した日本人は?

大谷は偉大な先輩を超えるか 米誌選出、1年目に最も活躍した日本人は?

開幕から投打で圧巻の活躍を続けるエンゼルスの大谷翔平投手。チームも首位争いを演じており、大谷が出場した試合は勝率が上がるなど、すでにその影響力は大きなものとなっている。適応段階だったスプリングトレーニングでは結果が出ず、米国内では懐疑的な見方も広がっていたが、開幕後は圧倒的な能力の前に手のひらを返す地元メディアが続出。最高のスタートを切ったと言える。

野茂英雄・大谷翔平・イチロー(左から)【写真:Getty Images】
野茂英雄・大谷翔平・イチロー(左から)【写真:Getty Images】

米誌特集で1位はあのパイオニア、「プレッシャーの中で良いプレーをした」

 開幕から投打で圧巻の活躍を続けるエンゼルスの大谷翔平投手。チームも首位争いを演じており、大谷が出場した試合は勝率が上がるなど、すでにその影響力は大きなものとなっている。適応段階だったスプリングトレーニングでは結果が出ず、米国内では懐疑的な見方も広がっていたが、開幕後は圧倒的な能力の前に手のひらを返す地元メディアが続出。最高のスタートを切ったと言える。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 これまで多くの日本人選手が海を渡り、メジャーで活躍してきた。大谷はまだ1か月半を消化した段階で、この先、負傷や不振に苦しむこともありえる。ただ、1年目のシーズンを終えた時点で“先人“たちを上回るインパクトを残す可能性は高いとあって、米メディアは過去の日本人選手のデビューイヤーの活躍を振り返り、“格付け”している。

「日本人選手のメジャーリーグ1年目ランキング」と題して特集記事を掲載したのは、権威ある米スポーツ誌「スポーツ・イラストレイテッド」だ。日本人選手の1年目の活躍を9位までランク付けし、1位にはパイオニアの野茂英雄氏の名前を挙げている。

 1995年にドジャースでデビューした野茂氏は、トルネード投法でメジャーを席巻。日本人選手のメジャー移籍への道を切り拓き、ストライキ明けのメジャリーグの人気回復にも大きな役割を果たすなど、強烈なインパクトを残した。

 記事では寸評で「ノモが1位なのはイチローより良かったからではなく、メジャーリーグで外国人選手が直面してきた、厳しい精査を受けるというプレッシャーの中で良いプレーをしたからだ。日米のメディアから大きな期待を受ける中、ノモは26歳の時にアメリカに渡り、1995年にナショナル・リーグ新人王を受賞し、サイ・ヤング賞の投票では4位となり、オールスターにも選出された。リーグ最多の236奪三振、11試合でそれぞれ10以上の三振を奪い、6月には先発したすべての試合で8回以上投げた。日本のメディアからすべての動きを報じられながら、こうしたことを達成した」と評価。大きな注目の中で結果を残した野茂氏の大きな功績を称えている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」