野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 際立つ中日勢、阪神はメッセ奮闘もロサリオが… 12球団助っ人査定セ編

際立つ中日勢、阪神はメッセ奮闘もロサリオが… 12球団助っ人査定セ編

プロ野球は27日、各地で6試合が行われ、これでリーグ戦がひと段落となった。29日からはセパ球団が対戦する交流戦がスタートする。

中日のガルシア、アルモンテ、阪神のメッセンジャー(左から)【写真:荒川祐史】
中日のガルシア、アルモンテ、阪神のメッセンジャー(左から)【写真:荒川祐史】

6選手が1軍で出場したDeNAもロペス、ソトらが活躍

 プロ野球は27日、各地で6試合が行われ、これでリーグ戦がひと段落となった。29日からはセパ球団が対戦する交流戦がスタートする。

【写真】「フォースとともに!」 カープの“ジェダイの騎士”エルドレッドの”新ヘルメット”姿

 セ・リーグはリーグ2連覇中の広島が首位に立っており、3連覇に向けて突き進んでいる。それを阪神、DeNA、巨人、中日、ヤクルトと昨季の順位と全く同じ並びで追った状態で、交流戦を迎える。

 各球団がそれぞれオフに補強を行い、戦力を整備して臨んだ今季。ここまで各球団それぞれ45試合前後を戦ってきたが、その中で助っ人外国人のここまでの活躍はいかほどだっただろうか。以下に見ていってみよう。球団と選手名の後ろに記した点は、期待値と現時点での成績を勘案して5点満点の5段階評価とした。

○1位:広島(27勝17敗1分)3点
クリス・ジョンソン投手(3点)
8試合3勝2敗0S0H 6QS 防御率3.53
ジェイ・ジャクソン投手(4点)
20試合2勝1敗0S13H 防御率1.80
レオネル・カンポス投手(2点)
1試合0勝0敗0S0H 防御率0.00
ヘロニモ・フランスア投手(3点)
1試合0勝0敗0S0H 0QS 防御率6.75
ブラッド・エルドレッド内野手(3点)
32試合74打数16安打5本塁打14打点 .216
アレハンドロ・メヒア内野手(2点)
11試合17打数5安打0本塁打1打点 .294
サビエル・バティスタ外野手(3点)
29試合104打数26安打8本塁打17打点 .250

 エースのジョンソンはここまで3勝、6QSとまずまずの成績を残しているが、ジョンソンだからこそ物足りなくもある。ジャクソンは期待通りの安定感。エルドレッド、バティスタもまずまずの成績。昨季までの働きからすれば、全体的にもやや物足りないか。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬