野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「ハートがいい」―元Gクロマティ氏がメジャーで通用すると確信する投手は?

軟式野球の「第4回MLBドリームカップ全国決勝トーナメント」の出場権を懸けた都道府県予選、東京Aブロックの1、2回戦が15日に明治神宮軟式球場で行われ、巨人史上最強の助っ人と呼ばれたウォーレン・クロマティ氏が率いるゼビオ選抜モントリオールエクスポズは、函南クラブに11-2で4回コールド勝ちした。

ゼビオ選抜のウォーレン・クロマティ監督【写真:荒川祐史】
ゼビオ選抜のウォーレン・クロマティ監督【写真:荒川祐史】

メジャーと日本を知る男が断言「ピッチャーで言えば、ノリモトさんです!」

 軟式野球の「第4回MLBドリームカップ全国決勝トーナメント」の出場権を懸けた都道府県予選、東京Aブロックの1、2回戦が15日に明治神宮軟式球場で行われ、巨人史上最強の助っ人と呼ばれたウォーレン・クロマティ氏が率いるゼビオ選抜モントリオールエクスポズは、函南クラブに11-2で4回コールド勝ちした。

 現役時代にはMLBエクスポズ(現ナショナルズ)でも活躍。日本とメジャーを知る男は、現在メジャーで通用する2人の日本球界の名手を挙げている。

「今のプロ野球でメジャーで活躍できる選手? オオタニさんのようなアメリカで愛され、センセーションを巻き起こせる男はいないでしょう。でも、通用する選手はいる。ピッチャーで言えば、ノリモトさんです!」

 クロマティ氏が名指ししたのは楽天の右腕エース、則本昂大投手だった。2013年の新人王は、2014年から昨季まで4年連続で奪三振王に輝いている。今季は15試合先発で5勝8敗、防御率3.58、113奪三振。不振のチームで気を吐いている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」