野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 元プロが指導する野球塾、子供たちへの思い 「甲子園、プロが全てじゃない」

元プロが指導する野球塾、子供たちへの思い 「甲子園、プロが全てじゃない」

第100回全国高等学校野球選手権記念大会は8月5日から甲子園で開催される。各都道府県の代表校も決まるなど、地方予選もいよいよ大詰めを迎えている。甲子園を目指したり、大学、社会人、プロ野球を目標に入れる小、中学生の球児たちは、クラブチームなど様々なフィールドで夢に向かって日々、練習を行っている。

西武・オリックスで活躍した原拓也氏(写真奥)【写真:荒川祐史】
西武・オリックスで活躍した原拓也氏(写真奥)【写真:荒川祐史】

関西の野球塾で子供たちに指導する元オリックスの原拓也さん

 第100回全国高等学校野球選手権記念大会は8月5日から甲子園で開催される。各都道府県の代表校も決まるなど、地方予選もいよいよ大詰めを迎えている。甲子園を目指したり、大学、社会人、プロ野球を目標に入れる小、中学生の球児たちは、クラブチームなど様々なフィールドで夢に向かって日々、練習を行っている。

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 そんな中、元プロ野球選手たちが指導する「野球塾」が近年、数多く存在している。西武、オリックスで活躍した原拓也さんも、関西にある「ブリスフィールド・スポーツアカデミー・ベースボールスクール」で子供たちに野球を教える1人だ。

 週5日、一番下は幼稚園、上は中学3年生まで男女問わず野球の基本動作、技術などプロで学んだ技術を伝える。子供たちの年齢によって伝え方は様々。プロでは当たり前のようにやってきたことも指導となると勝手は違うという。

「やっぱり難しいですよね。簡単な動作でも子供にとっては捉え方は違う。どうやったらうまく伝わるか。自分の中でも毎日、自問自答しながら。今日はできなかったけど、次のレッスンでは1つできることが増えている。子供の成長スピードはすごいです。だからこそ、変な癖などを付けないように注意してます。若い時についた癖ほど直すのに時間がかかってしまいます」

 生徒たちは小学生のチーム、中学のクラブチームの練習がない日などに“元プロ”の指導を受け、技術を磨いている。だが、アメリカとは違い、日本の高校生以下の育成には様々な“制限”がかかっていることに違和感を覚えているという。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」