野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

好調の楽天、山崎武司氏が抱く平石監督代行への期待「天下統一してほしい」

楽天が強い。今季は開幕直後から低空飛行を続け、21勝41敗1分となった6月16日には成績不振を理由に梨田昌孝前監督が辞任。しかし、平石洋介監督代行が指揮を執るようになってから息を吹き返し、就任後は8勝8敗で前半戦を折り返すと、後半戦は9勝2敗と快進撃を見せている。

楽天・平石監督代行【写真:荒川祐史】
楽天・平石監督代行【写真:荒川祐史】

就任後は17勝10敗と好調、元同僚の山崎氏は「いろんなことに屈せずやってほしい」

 楽天が強い。今季は開幕直後から低空飛行を続け、21勝41敗1分となった6月16日には成績不振を理由に梨田昌孝前監督が辞任。しかし、平石洋介監督代行が指揮を執るようになってから息を吹き返し、就任後は8勝8敗で前半戦を折り返すと、後半戦は9勝2敗と快進撃を見せている。「平石楽天」の戦績は計17勝10敗の勝率.629。まだ最下位ではあるものの、クライマックスシリーズ(CS)出場圏内の3位までは6.5ゲーム差まで詰まってきた。

 29日のソフトバンク戦は平石監督代行が就任してから初の無得点に終わったが、前日まで打線が機能する試合が多く、明らかな変化が見えている。現役時代に楽天でプレーし、平石監督代行ともチームメートだった野球評論家の山崎武司氏は「(今後が)楽しみ」とした上で「天下統一してほしい」と後輩にエールを送った。

 楽天時代、山崎氏は不動の4番としてチームを引っ張っていた一方、平石監督代行は1軍と2軍を行き来する選手だった。しかし、引退後に2軍などで指導者としての経験を重ね、ついに1軍でチームを指揮する立場となった。メジャーリーグでは元スター選手が指揮官に就任するケースはむしろ少なく、マイナーで地道に経験を積んだ指導者が名監督となることが多いが、日本では選手時代の実績が重視される傾向にある。だからこそ、山崎氏は平石監督代行に成功してほしいと願っているという。

「昔からそういう風潮だよね。日本は、やっぱり現役として活躍した人(が監督になる)。でも、中には伊原(春樹)さんとかいるし、栗さん(日本ハムの栗山英樹監督)だってそう。実績のある選手がいい監督になるとは限らない。2軍の痛みを知る選手がいいコーチになるというのもある。そこまで上り詰めるのは、運も実力も兼ね備えていないといけない。

 平石監督代行は、俺たちがいた時は1軍で鳴かず飛ばずの選手で、引退してからコーチ業をやって、実績を作ってあそこまでのし上がってきた。もちろん、キャリアというのは野球選手にとって最大の勲章だけど、そういうのが平石監督代行にはないわけだから、自分らしい監督像でやってほしい。監督代行になって頑張っているし、より選手に近い立場でものを言えるところにいたわけだから、全く梨田前監督と違ったことをやってほしい。いろんなことに屈せず、やっていくのが一番だと思う」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」