野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • 今夏甲子園で見ておきたいスーパー球児は誰? プロも注目の必見逸材は…

今夏甲子園で見ておきたいスーパー球児は誰? プロも注目の必見逸材は…

第100回全国高校野球選手権記念大会は2日に組み合わせ抽選が行われ、5日の開幕を待つばかりとなっている。夏の甲子園の楽しみは、母校や地元校の応援はもちろん、高校レベル以降も活躍が期待できる選手たちが一堂に会する点だ。今夏の甲子園に出場する選手から、将来的にプロ入りする選手も多いはずだ。

ドラ1候補として注目される報徳学園・小園海斗【写真:荒川祐史】
ドラ1候補として注目される報徳学園・小園海斗【写真:荒川祐史】

投手兼任の強打者がズラリ 野尻、万波、野村、大谷、根尾…

 第100回全国高校野球選手権記念大会は2日に組み合わせ抽選が行われ、5日の開幕を待つばかりとなっている。夏の甲子園の楽しみは、母校や地元校の応援はもちろん、高校レベル以降も活躍が期待できる選手たちが一堂に会する点だ。今夏の甲子園に出場する選手から、将来的にプロ入りする選手も多いはずだ。すでに“プロ注目”とされる選手も多いが、昨年の中村奨成(広陵→広島)のように甲子園で大ブレークし、秋のNPBドラフト会議で目玉となった選手もいる。プロ注目選手が数多く甲子園に足を踏み入れる中で、Full-Count編集部が注目する若き才能をピックアップした。

【一覧】甲子園初戦の組み合わせが決定! 春夏連覇を狙う大阪桐蔭は初戦で作新と対戦!

○金足農・吉田輝星(3年)投手
MAX150キロ超の速球を武器に、秋田大会2回戦(対秋田北鷹)で16奪三振の完封。5試合を1人で投げ抜き、43イニングで57三振を奪った。決勝の明桜戦でも、9回4安打11奪三振の完封勝利。東北の怪腕が、いよいよ全国の舞台に登場する。

○木更津総合・野尻幸輝(3年)投手・内野手
中学時代、大阪桐蔭・根尾と岐阜選抜に選ばれた経験も。1年生から甲子園に出場し、この夏の東千葉大会では、準決勝の東海大市原望洋戦でサイクルヒットを達成。本職は内野手だが投手も兼任しており、140キロ台をコンスタントに記録。決勝の成田戦では2失点で完投した。

○横浜・万波中正(3年)投手・外野手
コンゴ人の父と日本人の母を持つ。中学時代には砲丸投げで東京都大会に優勝した。投手としても140キロ台後半のストレートを投げる。一時期不振に陥っていたが、南神奈川大会では準々決勝の立花学園戦で横浜スタジアムのバックスクリーンを直撃する本塁打。決勝の鎌倉学園戦でも特大の本塁打を放ち、190センチ、89キロの恵まれた体格と身体能力を生かした長打力は大きな魅力。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」