野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • 金足農のサヨナラ2ランスクイズ 近江の2年生バッテリーが今明かす真相と心境

金足農のサヨナラ2ランスクイズ 近江の2年生バッテリーが今明かす真相と心境

今でも脳裏から離れないあのシーン。金足農ナインの歓喜の輪ができた横で、倒れたまましばらく動けなかった正捕手・有馬諒の姿はむしろ残酷にも見えた。

近江・林優樹(左)と有馬諒(右)が金足農戦を振り返る【写真:沢井史】
近江・林優樹(左)と有馬諒(右)が金足農戦を振り返る【写真:沢井史】

倒れたまま動けなかった正捕手・有馬「吉田投手が観客を引き寄せる投球をした」

 今でも脳裏から離れないあのシーン。金足農ナインの歓喜の輪ができた横で、倒れたまましばらく動けなかった正捕手・有馬諒の姿はむしろ残酷にも見えた。

【動画】プレーヤー必見! 遠投やランニング…MLBの“鬼才”バウアーが明かす独自の練習法

 2-1で迎えた9回裏。球場の九割ほどは金足農に対する大声援に包まれていた。近年、甲子園でよく起こっている劣勢のチームを後押しする、いわゆる“判官贔屓”のムードである。だが、そんな空気の要因を有馬はこう見ていた。

「9回にああいう展開になってしまったのは、自分たちが8、9回のチャンスを作っておきながら、そのチャンスを生かせなかったからだと思います。吉田投手のピッチングが、観客を引き寄せるようなピッチングでしたし。それがもう、勝敗を決める“流れ”になったんだと思います」

 有馬は2年生ながら冷静な判断と的確なリードで注目を集め、1年生だった昨秋から正捕手を務める。取材対応で見せる、ハキハキとした……というよりも、丁寧な言葉選びと大人びた受け答えが報道陣の中で以前から評判を呼んでいた。

 金足農との試合を迎えるにあたり、有馬は、ランナーを出してしまっても、大事なのはその時のピッチング、相手がチャンスを作った時にどう抑えるかが大きなポイントだと見て、リードしていた。

 先発した佐合大輔(3年)は走者を背負う場面こそ多かったが、無失点のまま4回を投げ切った。5回からは技巧派左腕の背番号18、林優樹(2年)がマウンドへ。林は3回戦で強打の常葉大菊川打線を5回まで無安打10奪三振を見せるなど完璧なピッチングを見せていた。この日もブルペンから調子が良かったが、立ち上がりに三振を奪ってから三塁打を打たれて1点を失った。その直後に、4番の北村恵吾(3年)の適時打で勝ち越したが、球場の雰囲気が回を追うごとに変化していくのを肌で感じていた。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」