野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 広島
  • 史上2球団目のセ3連覇へ突き進む広島 戦いながら進む世代交代をデータで分析

史上2球団目のセ3連覇へ突き進む広島 戦いながら進む世代交代をデータで分析

広島の勢いが止まらない。セ・リーグでは巨人以外に達成したチームがなかった「リーグ3連覇」は、ほぼ確実な様相だ。この3年の広島の成績を比較しよう。

広島・鈴木誠也【写真:荒川祐史】
広島・鈴木誠也【写真:荒川祐史】

今季は投打チーム成績は抜群ではないが勝率では圧倒

 広島の勢いが止まらない。セ・リーグでは巨人以外に達成したチームがなかった「リーグ3連覇」は、ほぼ確実な様相だ。この3年の広島の成績を比較しよう。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

【過去3年の22週終了時点における勝敗表】チーム打率・防御率

○2016年8月29日
1広島.613(121試73勝46敗2分差–)率.274(1)防3.40(1)
2巨人.522(118試60勝55敗3分差11.0)率.249(4)防3.46(2)
3DeNA.483(121試57勝61敗3分差15.5)率.250(3)防3.79(5)
4ヤクルト.463(122試56勝65敗1分差18.0)率.257(2)防4.83(6)
5阪神.454(122試54勝65敗3分差19.0)率.245(5)防3.51(3)
6中日.412(122試49勝70敗3分差24.0)率.244(6)防3.74(4)

○2017年9月3日
1広島.620(125試75勝46敗4分差–)率.273(1)防3.39(3)
2阪神.567(121試68勝52敗1分差6.5)率.248(4)防3.30(1)
3DeNA.521(121試61勝56敗4分差12.0)率.254(2)防3.82(4)
4巨人.508(121試61勝59敗1分差13.5)率.250(3)防3.34(2)
5中日.432(123試51勝67敗5分差22.5)率.247(5)防4.11(5)
6ヤクルト.331(123試40勝81敗2分差35.0)率.238(6)防4.27(6)

○2018年9月2日
1広島.617(117試71勝44敗2分差–)率.268(1)防4.08(3)
2ヤクルト.496(116試57勝58敗1分差14.0)率.268(2)防4.36(5)
3巨人.488(124試59勝62敗3分差15.0)率.261(4)防3.93(1)
4阪神.468(112試52勝59敗1分差17.0)率.252(5)防3.96(2)
5DeNA.443(117試51勝64敗2分差20.0)率.252(6)防4.36(6)
6中日.442(122試53勝67敗2分差20.5)率.264(3)防4.33(4)

 2018年は試合消化が遅れている。2016年8月29日時点ではセ・リーグは726試合、2017年9月3日時点では734試合を消化していたが、2018年9月2日時点で708試合。天候不順の影響が大きい。これからスケジュールは過密になる。

 広島は3年とも6割超の高い勝率。2016年は巨人と11.0ゲーム差だったが、2017年は阪神が6.5ゲーム差で食い下がっていた。しかし、2018年はヤクルトと14.0ゲーム差。広島以外の5球団の勝率は5割に達していない。広島の強さもさることながら、他の5球団が星の取り合いをしているとも言えそうだ。

 今年の広島はチーム打率.26809で1位ながら、2位ヤクルト(.26808)とは僅差だ。防御率は4.08で3位。投打の成績は抜群ではないが、圧勝を続けている。「勝つ方法を覚えた」というべきではないか。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」