野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

元プロの指導法を教員に伝授 小中学校に定着しつつある野球の存在

8月20日、埼玉西武ライオンズの本拠地、メットライフドームで「第7回教員のための『ベースボール型』授業研究会」が開かれた。

「第7回教員のための『ベースボール型』授業研究会」が開かれた【写真:広尾晃】
「第7回教員のための『ベースボール型』授業研究会」が開かれた【写真:広尾晃】

ソフトボールの宇津木元日本代表監督も視察

 8月20日、埼玉西武ライオンズの本拠地、メットライフドームで「第7回教員のための『ベースボール型』授業研究会」が開かれた。

 これは、NPBが、2011年より小学校教育に「ベースボール型」の体育授業が必修となったことを受けて、指導法に不安のある教員に「捕る・投げる・打つ・走る」などの基本動作や、簡易化したゲームの進め方等を知ってもらうことを目的として開催しているもの。2012年からスタートし、今年で7回目となる。一般社団法人日本野球機構(NPB)が主催し、一般社団法人日本プロ野球選手会が共催している。

 今回は全国から213人の教員が参加、NPB側からは、阿部俊人(元楽天)、石井丈裕(元西武)、内藤尚行、徳山武陽(元ヤクルト)、倉俣徹(現ジャイアンツアカデミー校長)、阿南徹(元巨人)、武藤一邦、小林宏之、長崎伸一、塀内久雄、伊藤義弘(元ロッテ)、畠山準(元横浜)、大久保勝信(元オリックス)、本間満(元ソフトバンク)の講師陣が教員を指導した。

 また、会場にはソフトボールの宇津木妙子元日本代表監督も姿を見せ、実際にウォーミングアップやボール投げに参加するなど、普及活動の実際を視察した。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」