野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

25日のプロ野球志望届 通算31発遊撃手ら公示で高校生81人、大学生54人に

日本高野連は25日、2018年度の「プロ野球志望届」提出者一覧を更新。今夏の甲子園に出場した旭川大(北北海道)のエース右腕・沼田翔平ら7人が新たに公示され、志望届提出者は計81人となった。

侍ジャパン大学代表にも選出されていた九州産業大・岩城駿也【写真:Getty Images】
侍ジャパン大学代表にも選出されていた九州産業大・岩城駿也【写真:Getty Images】

甲子園出場の旭川大・沼田、プロ注目の富士大・鈴木も

 日本高野連は25日、2018年度の「プロ野球志望届」提出者一覧を更新。今夏の甲子園に出場した旭川大(北北海道)のエース右腕・沼田翔平ら7人が新たに公示され、志望届提出者は計81人となった。

【表】“未来のスター”が続々と… 2018年プロ野球志望届提出者一覧

 沼田は甲子園では1回戦の佐久長聖戦と甲子園史上初となるタイブレークにもつれ込む熱戦の末に敗戦。しかし、最速146キロを誇り、潜在能力は高い。昨夏の甲子園で4強に進出した天理の高校通算31本塁打の大型遊撃手・太田椋、菰野の最速152キロ右腕・田中法彦らもプロ志望届を提出した。

 また、全日本大学野球連盟も「プロ野球志望届」提出者一覧を更新し、プロ注目の富士大・鈴木翔天投手、法政大の150キロ右腕・菅野秀哉投手ら12選手が新たに公示。侍ジャパン大学代表から法政大の中山翔太外野手、向山基生外野手、九州産業大の岩城駿也内野手が公示され、プロ志望届提出者はこれで54人となった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」