野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

26日のプロ野球志望届 駒大149キロ右腕ら公示で高校生83人、大学生58人に

日本高野連は26日、2018年度の「プロ野球志望届」提出者一覧を更新。宮脇廉(鹿児島城西)、石川翔(神戸国際大付)の2人が新たに公示され、志望届提出者は計83人となった。

プロ注目が続々と志望届を提出
プロ注目が続々と志望届を提出

高校生では鹿児島城西・宮脇、神戸国際大付・石川の2選手が追加

 日本高野連は26日、2018年度の「プロ野球志望届」提出者一覧を更新。宮脇廉(鹿児島城西)、石川翔(神戸国際大付)の2人が新たに公示され、志望届提出者は計83人となった。

 宮脇は、高校で遊撃手から捕手に転向。元ダイエー、西武でプレーした佐々木誠監督によって4番に抜擢され、夏の地方大会では1試合4安打を記録するなど、シュアな打撃が持ち味。石川は、昨年春夏連続甲子園出場を果たした神戸国際大付でベンチ入りし、この夏の東兵庫大会では報徳学園に準決勝で敗れたものの、「1番・二塁」としてチームを引っ張った。

 また、全日本大学野球連盟も「プロ野球志望届」提出者一覧を更新し、駒大の白銀滉大投手、左の強打者・巴山颯太郎ら4選手が新たに公示。白銀はスリークオーターの右腕。最速149キロを誇り、救援として活躍した。また、巴山は左の強打者で2年途中からは4番も務めた。また、日本文理大の最速147キロ右腕・鶴永竜治投手、中京大の池田鏡介捕手も公示され、プロ志望届提出者はこれで58人となった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」