野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「オレたちの福浦」2000本安打! その瞬間に交錯したロッテファンの思い

ロッテの福浦和也内野手が22日にZOZOマリンスタジアムで行われた西武戦で史上52人目、球団生え抜きでは榎本喜八氏、有藤通世氏に次ぐ3人目の快挙達成となった。

打撃不振、体調不良…見守る応援団は引退の心配も

 25年間、活躍を続ける福浦を陰から見守ってきた人もいる。ZOZOマリンスタジアムのバックスクリーン裏で約30年、もつ煮を売り続ける曽根会長こと曽根太一さんは「ただ一言、おめでとう!本当だったら最後は勝ってほしかったが、こればかりはしょうがない」と、逆転負けで福浦選手の快挙を飾れなかったことを悔しがっていた。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ロッテ戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 ロッテに欠かせない「26人目の選手」を盛り上げる応援団は、福浦の快挙を複雑な思いで見つめていた。応援団長の高橋慎さんは「個人的にも大好きな選手なので、この場に立ち会えてよかったです。ただ、この二塁打が最後の安打になってしまうのでは……という思いもありました」と吐露。試合後に「来年もやるつもりでいます」とコメントしたことには、多くのファンの心境と同じく安堵の気持ちがあった。

 2000本まで残り38本で迎えた今季は5年ぶりの開幕スタメンを果たすなど、4月から快調に安打を積み重ねてきた。しかし、5月には不調に陥り1軍登録を外れたこともあり、高橋団長はスタンドからその苦悩を感じていた。

「今年は1打席1打席、フォームが違って見えました。(42歳という)福浦さんの年齢を考えれば、体調が厳しいというのは思っていましたが、しんどそうな印象で、全盛期とは違っていましたね。ただ、(9月9日に放った)埼玉西武戦のホームランは、2010年のCSで放ったホームランと同じような打球で、とても印象に残っています」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」