野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • 元仙台育英・佐々木氏が学法石川の監督に就任 「福島の歴史を変えられたら」

元仙台育英・佐々木氏が学法石川の監督に就任 「福島の歴史を変えられたら」

学法石川(福島)の監督に就任する佐々木順一朗氏の記者会見が9月29日、同校で行われた。佐々木新監督は「最終的には生徒も親御さんも『学石に来てよかったな』というチームにしたいですね。監督だから、みたいに威張る感覚ではなく、一緒に肩を組んで楽しくできればいいなと思います」と話し、選手、保護者、スタッフ、OB、学校などと一体となり、チームを作っていくことを語った。

就任会見を行った学法石川・佐々木順一朗新監督【写真:高橋昌江】
就任会見を行った学法石川・佐々木順一朗新監督【写真:高橋昌江】

ヤクルト由規、ソフトバンク上林ら多数のプロ野球選手を輩出

 学法石川(福島)の監督に就任する佐々木順一朗氏の記者会見が9月29日、同校で行われた。佐々木新監督は「最終的には生徒も親御さんも『学石に来てよかったな』というチームにしたいですね。監督だから、みたいに威張る感覚ではなく、一緒に肩を組んで楽しくできればいいなと思います」と話し、選手、保護者、スタッフ、OB、学校などと一体となり、チームを作っていくことを語った。

 佐々木新監督は仙台育英で1993年からコーチを務め、95年秋から監督として指揮を執った。その間、春のセンバツ大会6回、夏の選手権大会13回の出場を誇り、甲子園通算29勝19敗。01年センバツ大会、15年選手権大会では準優勝。明治神宮大会は12年と14年に優勝、12年は大阪桐蔭との両校優勝だったが、国体も制した。

 ヤクルト・由規投手やソフトバンク・上林誠知外野手など、多数のプロ野球選手も輩出。佐々木新監督の人柄と、ミラクルを起こす試合内容にファンは多かったが、昨年12月に発覚した不祥事の責任をとって監督を辞任。今年3月、仙台育英を退職していた。

 学法石川は76年春夏連続出場を皮切りに、春3回、夏9回の甲子園出場がある。元大洋の遠藤一彦氏や元ロッテの諸積兼司氏などがOB。しかし、99年夏を最後に聖地からは遠ざかり、今夏は3回戦敗退。春秋はいずれも8強止まりだった。

 会見に同席した森涼理事長は「古豪復活をかけて、佐々木先生を招聘したというのが第一の目的であります。また、若いスタッフの成長も見込んで、佐々木監督に指導していただこうという思いもあり、招聘したわけであります」と話した。現在の伊東美明部長と上田勇仁監督は学法石川のOBで32歳の同級生。コーチ陣も2、30代と若い。佐々木新監督が就任後、現在の指導スタッフはそのままで、上田監督はコーチとなる。

 佐々木新監督を招聘するきっかけとなったのは上田監督だった。きちんと話をしたことはなかったが、佐々木新監督の仙台育英監督時代の講演などを聞き、「『勝つのをやめてから、勝つようになってきたんだよね。運が付いてくるようになったんだよね』と言っていて、勝つぞ、勝つぞというスパルタではなく、それだなと思った」という。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」