野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

台湾WLで社会人・小島が17K完投勝利 9連続Kなどリーグ最多奪三振新記録樹立

台湾で開催中のアジアウインターベースボールリーグ(AWB)で26日、快挙が生まれた。社会人代表JABAの小島康明投手(きらやか銀行)が韓国プロ選抜のKBO戦で、9回2安打17奪三振2四球2失点(自責2)の快投で白星を飾った。17奪三振はAWBのリーグ記録(16奪三振)を破り、新記録達成の快挙となった。

きらやか銀行・小島の17奪三振の快投で社会人代表が韓国プロ選抜を撃破した
きらやか銀行・小島の17奪三振の快投で社会人代表が韓国プロ選抜を撃破した

4回3つ目のアウトから打者9人を連続三振斬り

 台湾で開催中のアジアウインターベースボールリーグ(AWB)で26日、快挙が生まれた。社会人代表JABAの小島康明投手(きらやか銀行)が韓国プロ選抜のKBO戦で、9回2安打17奪三振2四球2失点(自責2)の快投で白星を飾った。17奪三振はAWBのリーグ記録(16奪三振)を破り、新記録達成の快挙となった。

 茨城県出身で東京農業大からきらやか銀行に進んだ小島は、140キロ台中盤のストレートとチェンジアップを武器とする右腕。初回に内野安打で出塁を許すも、盗塁死で打者3人で終わらせると、2回と3回は連続で3者凡退。4回に1死一塁から2ランを浴びたが、4回3つ目のアウトから打者9人を連続三振に斬る快投を見せた。

 9回を投げ終えて138球の完投勝利。韓国プロ野球選手を圧倒し、絶好のスタートを切った。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」