野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • 「球速より球質」も「春に155キロ」…目指すは前田健太、創志学園・西の現在地

「球速より球質」も「春に155キロ」…目指すは前田健太、創志学園・西の現在地

あまりにも鮮烈だった甲子園デビューから約4か月。冬の冷たい空気が包み込むグラウンドで、創志学園のエース西純矢は黙々とグラウンドの外野を走っていた。夏の甲子園以降、今までにない大きな期待を背負ってのマウンドが続き、県大会から厳しいマークに遭った。

創志学園のエース西純矢【写真:沢井史】
創志学園のエース西純矢【写真:沢井史】

秋は中国大会準決勝で広陵にコールド負け「少し浮足立ってしまっている部分もあった」

 あまりにも鮮烈だった甲子園デビューから約4か月。冬の冷たい空気が包み込むグラウンドで、創志学園のエース西純矢は黙々とグラウンドの外野を走っていた。夏の甲子園以降、今までにない大きな期待を背負ってのマウンドが続き、県大会から厳しいマークに遭った。宝刀のスライダーを封印し、ストレートを打ち込まれて大量失点しながら完投した試合もあった。

【動画】プレーヤー必見! 遠投やランニング…MLBの“鬼才”バウアーが明かす独自の練習法

 その中でやはりもっとも悔いが残る一戦となったのは、秋の中国大会準決勝の広陵戦だろう。勝てば、センバツ出場の当確ランプが灯る大一番。力が入るのも無理はないが、この試合前から西は普段にはない空気を感じていた。

「広陵は(地元・広島の)知り合いが多くて、少し浮足立ってしまっている部分もありました。いつもにない応援の雰囲気に圧倒されてもいましたし……。(8回のバント処理のミスから)最後は自分が(接戦の張りつめた空気に)我慢できずに終わってしまいました。監督に試合前から『お前が負けるとしたら、バント処理のミスで負けるぞ』と言われていたんです。大会中、自分がそういう(バント処理などの)細かい練習をおろそかにして、バッティング練習ばかりしていたことも影響があったと思います」

 0-1の緊迫した展開のまま、回を重ねていった。広陵の先発・河野佳は最速148キロの速球を持つが、何よりピッチングのうまさが光り創志学園打線にチャンスすら与えない。当然、投げ合う西の腕にも力がこもる。いわば、我慢比べの空気をどう乗り切るかが大きなポイントだったが、“魔の8回”に自ら崩れ、一気に7点を奪われてのコールド敗退。結果的に出たのは自分の甘さだった。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」