野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

元オリックス選手が社長に転身 客足の絶えない「バッティングセンター」の秘密

埼玉県さいたま市岩槻にあるアーデルバッティングドームはバッティングセンターや野球塾を中心に、人気を博している。この店舗は、元オリックス・ブルーウェーブで外野手として活躍した高見澤考史氏が代表取締役社長を務める。

アットホームな場所、バッティングセンター人口に変動なし

 店内には、「野球神社」が存在する。神社とともに一から建て、本格的な祠(ほこら)に野球の神様が祀られているという。他にも、アーデルオリジナルショップや可愛らしい公式HP、定期的に行われる斬新な企画など、印象的なデザインを持つ店について高見澤氏に尋ねると「うちは、スタッフに恵まれているんですよ」と笑いながら答える。絶えず、心から野球を愛す元プロ野球選手の顔を見せながら、社員を信頼する“代表取締役”としての懐の大きさものぞかせた。

「特に、意識をしてはないけど、長いこと野球塾をやっていて、自分の子どもを抱いて帰ってくる元野球塾生徒がいたり、高校や大学での結果を報告に来たりと、なぜか皆、“帰ってくる”んですよ。楽しくやっていることがアットホームさを生んでいるのかもしれません」

 野球の競技人口は減っているかもしれないが、ここアーデルに来るバッティングセンター人口に変動はない。むしろ野球塾は、年々受講者は絶えず、遠方から通う者も少なくない。

 高見澤氏は、今後の目標について「自分も経験したが、プロ野球引退後のセカンドキャリアにおいて、野球に携われることは多くの人間が望んでいる。今いる元プロスタッフが、各々の地元でバッティングセンターや野球塾を開けるようサポートし、新たなキャリアパスを作りたい」と話す。プロ野球選手の引退後も見据えている。

 アーデルでは、常連さんや新規客、帰省してきた過去の塾生などと年の瀬に行う“年越しノック”が毎年恒例になっている。お客さん、スタッフ、そして代表取締役のみんなが「楽しい」と口を揃えるバッティングセンターに、是非一度足を運んでみてほしい。

(大森雄貴 / Yuki Omori)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」