野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【肘と野球】大人が整えたい子供の適切な練習環境 成長を妨げる過度の疲れとストレス

トミー・ジョン手術、という名前を聞いたことはあるだろうか。損傷した肘の内側側副靱帯を修復する手術で、中日の松坂大輔投手、カブスのダルビッシュ有投手、最近ではエンゼルスの大谷翔平投手が受けたことでも知られる。復帰まで通常1年以上を要すると言われるこの手術はプロ選手特有のものに思えるかもしれないが、実は高校生や大学生が受けるケースも多い。

過度の負荷がかかると軟骨が硬くなり成長がストップ

「成長期の子供は、骨の年齢と実際の年齢に大体±2歳ほどの差があります。成長の早い子と遅い子がいるので、例えば小学6年生の場合、小学4年生くらい体の小さな子がいれば、中学2年生くらい大きな子もいる。また、4月生まれの子と3月生まれの子では、同じ学年でも体格差が生まれてしまいます。

 そう考えた場合、学年や年齢を基準にすると、いい選手・悪い選手という判断が、技術差ではなく体格差から生じている可能性がある。体の大きさに注目して練習の負荷を変えるのも1つの方法ですね。体の負担に配慮することが大事です」

 発育期の骨の端には「骨端線(成長線)」という成長をつかさどる線状の軟骨層がある。軟骨が普通の骨に成長すると骨端線は消えるが、この状態を「骨端線閉鎖」という。骨端線が存在する限り、骨が伸びる可能性はあるわけだが、強いストレス=負荷がかかりすぎると骨端線が早く閉じる傾向にあるという。

「左右の肘の骨を比べた場合、ボールを投げている腕の方が先に骨端線が閉じる傾向にあるんです。骨端線に過度の負荷がかかると、早く軟骨から硬い骨に変わってしまうんですね。つまり、それ以上が骨が伸びなくなる。左右の腕の長さが大幅に変わることはありませんが、過度の練習は腕や脚、あるいは身長が伸びる成長の可能性を奪うことになりかねません」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」