太田幸司SVの2019年戦力分析 埼玉アストライアはフレッシュな顔ぶれに

埼玉アストライア・みなみ、奥村奈未、加藤優(左から)【写真提供:日本女子プロ野球リーグ】
埼玉アストライア・みなみ、奥村奈未、加藤優(左から)【写真提供:日本女子プロ野球リーグ】

計7選手が退団のアストライア、10名が新加入と“フレッシュな”顔ぶれ

 2019年の日本女子プロ野球リーグは3月23日に開幕する。昨季は京都フローラがヴィクトリアシリーズを制覇。愛知ディオーネが2位、埼玉アストライアが3位という成績に終わった。しかし、女王決定戦では愛知ディオーネが京都フローラを撃破、“下剋上”で年間女王の座についた。女王奪取へ、激闘の1年の幕開けがすぐそこまで迫っている。

 1月31日には新体制が発表され、ガラッと変わった各チームの陣容が明らかに。女子野球界に激震が走る移籍劇もあった。太田幸司スーパーバイザー(SV)は3球団の戦力を分析。今回は埼玉アストライア編だ。

――――――――――

 球団史上初の女王連覇を狙った2018年は3位に終わり涙をのんだ。シーズン終了後には球団創設以来チームの大黒柱として活躍してきた川端友紀、楢岡美和など7名が引退、退団でチームを離れた。次世代を担う若手を中心に10名の新加入選手を迎え、フレッシュな顔ぶれとなった2019年、心機一転女王奪還を狙う。

 投手陣では経験豊富な磯崎由加里、谷山莉奈の2大エースを筆頭に、昨年フローラで4勝を挙げた古谷恵菜、レイアで経験を積み女子野球W杯にも出場した水流麻夏、女子プロ野球界のサブマリン右腕こと山口千沙季など才能と一芸に秀でた選手がそろう。

 個性豊かな投手陣をまとめる捕手には新キャプテンに就任した今井志穂に加え、フローラから泉由希菜が新加入。姉・由有樹との姉妹バッテリー実現にも期待がかかる。

 野手陣に目を向けると、昨年最多本塁打者賞を分け合った奥村奈未、みなみの2選手に加え、中田友実、只埜榛奈と昨年ディオーネの女王奪還に貢献した2名が加入。打線を活気づける。山崎まり、田口紗帆ら実力者も控える打線は、一度火が付けば止められなさそう。不動の中軸が引退し、新たに生まれ変わると言っても過言ではない2019年、誰がレギュラーを獲得するのかも含めて目が離せない一年になりそうだ。

 4年目を迎えチームの顔にもなりつつある加藤優をはじめ、年女が5名揃う新生アストライア。猪突猛進、女王奪還に向け走りぬきたい。

(Full-Count編集部)

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY