野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

独立Lで驚愕の156キロ…元DeNAドラ1北方、NPB復帰への思い「野球が好き」

独立リーグのルートインBCリーグ・栃木ゴールデンブレーブスからNPB復帰を目指す北方悠誠投手が5日、JR東日本とのプロアマ交流戦に登板した。移籍後実戦初登板で、衝撃の最速156キロをマーク。1回2四死球ながら2三振無失点の投球を見せた右腕は降板後、「野球が好きなので……」と胸中を吐露し、NPB復帰への熱い思いも明かした。

今季からBC栃木に加入した北方悠誠【写真:編集部】
今季からBC栃木に加入した北方悠誠【写真:編集部】

高卒でNPBも戦力外、挑戦し続ける理由は「野球が好きだから」「諦められないんです」

 独立リーグのルートインBCリーグ・栃木ゴールデンブレーブスからNPB復帰を目指す北方悠誠投手が5日、JR東日本とのプロアマ交流戦に登板した。移籍後実戦初登板で、衝撃の最速156キロをマーク。1回2四死球ながら2三振無失点の投球を見せた右腕は降板後、「野球が好きなので……」と胸中を吐露し、NPB復帰への熱い思いも明かした。

【動画】プレーヤー必見! 遠投やランニング…MLBの“鬼才”バウアーが明かす独自の練習法

 昨年9月以来の実戦マウンド。7回から登板した北方は1死から四球を与えるも、続く打者を空振り三振に仕留める。2死一塁から死球と暴投で2死二、三塁とピンチを招いたが、最後は力のあるストレートで空振り三振に斬って取った。

 無失点で切り抜けたマウンドで、衝撃の一球もマーク。JR東日本のスタッフの計測によると154キロだったボールが、栃木GBの数値で156キロを記録。速すぎるボールにスタンドが沸いた。

「(156キロ計測した)スピードは聞きました。今の僕はスピードよりも投球術が大事。コントロールを磨いていければ、スピードも出ると思っています」

 課題がコントロールにあることは北方自身も分かっている。だが、小さくまとまってしまっては、魅力は消えてしまう。力のあるボールが確かに戻ってきている――。もう一度、NPBに戻ることを目指し、自信を取り戻しつつある。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」