野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 元3冠王カブレラ、“不良債権”化への批判に真っ向反論「なぜ怒るか分からない」

元3冠王カブレラ、“不良債権”化への批判に真っ向反論「なぜ怒るか分からない」

メジャーリーグでは、2月下旬から超大型契約が続々と誕生した。FA史上で最大の注目を浴びていたブライス・ハーパー外野手は、13年総額3億3000万ドル(約368億7100万円)でフィリーズと契約。メジャーリーグ史上最高総額の契約として話題となったものの、一方で13年という契約期間の長さから“不良債権化”を危惧する声もある。大型契約を結んだ選手は活躍できなければ批判にさらされる可能性が高いが、タイガースと2023年まで契約を結びながら2017年以降は成績が急降下している元3冠王のミゲル・カブレラ内野手は、米メディアの取材に対して「僕は謝罪するつもりはない」と胸を張っている。

タイガースのミゲル・カブレラ【写真:Getty Images】
タイガースのミゲル・カブレラ【写真:Getty Images】

2014年に超大型契約も最近2年で成績が急降下「僕は謝罪するつもりはない」

 メジャーリーグでは、2月下旬から超大型契約が続々と誕生した。FA史上で最大の注目を浴びていたブライス・ハーパー外野手は、13年総額3億3000万ドル(約368億7100万円)でフィリーズと契約。メジャーリーグ史上最高総額の契約として話題となったものの、一方で13年という契約期間の長さから“不良債権”化を危惧する声もある。大型契約を結んだ選手は活躍できなければ批判にさらされる可能性が高いが、タイガースと2023年まで契約を結びながら2017年以降は成績が急降下している元3冠王のミゲル・カブレラ内野手は、米メディアの取材に対して「僕は謝罪するつもりはない」と胸を張っている。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! MLBを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 カブレラは2012年に打率.330、44本塁打、139打点で45年ぶりの3冠王に輝いた。通算4度の首位打者、2度の本塁打王、2度の打点王という実績を誇り、ア・リーグMVPにも2度輝いている。通算打率.3165は、ホセ・アルトゥーベ内野手(アストロズ)の.3164、イチロー外野手(マリナーズ)の.311を抑えて現役1位。一時期は“現役最強打者”として君臨し、このまま引退しても殿堂入りすると見られている。

 2013年に3度目の首位打者に輝くと、2014年3月にはタイガースと8年総額2億4800万ドル(約277億円)で契約を延長。もっとも、これは2016年から2023年までの契約で、この時点でカブレラは2014、15年と計4400万ドル(約49億1400万円)の契約を残していた。つまり、10年総額2億9200万ドル(約326億1400万円)を保証される形となったのだ。

 その後、2015年に打率.338で4度目の首位打者に輝くなど3年連続で打率3割を記録したものの、2017年は打率.249、16本塁打、60打点と成績が急下降。復活が期待された昨季は6月に左上腕二頭筋の腱断裂の重傷を負い、早々にシーズン絶望となった。わずか38試合出場。かつての最強打者は、すでに35歳という年齢もあり、このまま“不良債権”化することが危惧されている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」