野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

栃木・西岡剛を突き動かす後悔の念 「この1年は絶対どんなことがあっても…」

今季からBCリーグ栃木でプレーする西岡剛内野手。今月13日に行われた敵地での福島戦では4打数無安打に終わったが、「調子はいいですよ」とその表情は明るい。「今、一番野球が楽しいかもしれない」という言葉は成績にも反映されている。

栃木ゴールデンブレーブス・西岡剛【写真:佐藤直子】
栃木ゴールデンブレーブス・西岡剛【写真:佐藤直子】

昨オフに阪神を戦力外、今季はBCリーグ栃木からNPB復帰を目指す

 今季からBCリーグ栃木でプレーする西岡剛内野手。今月13日に行われた敵地での福島戦では4打数無安打に終わったが、「調子はいいですよ」とその表情は明るい。「今、一番野球が楽しいかもしれない」という言葉は成績にも反映されている。今季6戦を終えて21打数8安打、打率.381。すでに1本塁打&6打点を記録し、4盗塁を成功。「体はだいぶ仕上がっています」と力強く語る34歳が目指すのは、原点回帰だ。

「昔はやっぱりスピードがあったり、キレとか足で稼いだり、それが元々小さい時から僕のスタイル。そのスタイルに戻せるように、体を作っている感じです」

 ここ数年、練習前や試合前に限らず、時間が空けば、入念にストレッチやコンディショニングに励む西岡の姿がある。“スピードスター”と呼ばれた20代前半。41盗塁を決めた2005年には初タイトルを獲得するなど、ロッテ打線を足でバットで引っ張った。だが、できなかったこと、やらなかったこともある。それが、商売道具でもある体のケアだ。

「20代の頃、僕は練習をサボったことはないけど、体のケアだったり、ストレッチの時間だったり、今思い返すと、できなかったことがいっぱいあるんですよ。なので今、ここでは20代の時にできなかったことを1回やり続けてみようというのを目標にしています」

 独立リーグには、NPB入りを目指す20代前半の若き選手がひしめく。NPB時代は日本一を果たし、MLBも経験した西岡は、34歳の今、NPBではなく独立リーグでプレーする自分の姿を“反面教師”にしてほしいと願っている。

「いつも若い子たちに言うんです。僕自身は20代の時にただプレーするだけで、体のケアを全くしていなかった。だから、こうやって早く怪我をしてしまって、今ここにいてるんだ。経験した人間が語る言葉やから正しい。頑張って体のケアを続けなさいって。自分を例として伝えてます」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」