野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

熱投を繰り広げた9イニング延長戦 投げきった埼玉古谷「今は踏ん張り時」

16日にわかさスタジアム京都で行われた女子プロ野球・春季リーグ京都フローラ-埼玉アストライアの一戦は、延長9回1-1で引き分けとなった。

9回を投げ抜いた埼玉アストライア・古谷恵菜【写真提供:日本女子プロ野球リーグ】
9回を投げ抜いた埼玉アストライア・古谷恵菜【写真提供:日本女子プロ野球リーグ】

1-1で引き分けた京都フローラ-埼玉アストライア、熱い投手戦に

 16日にわかさスタジアム京都で行われた女子プロ野球・春季リーグ京都フローラ-埼玉アストライアの一戦は、延長9回1-1で引き分けとなった。

2018年侍ジャパン全カテゴリーの熱戦を振り返る トップチーム日米野球の圧巻勝利で幕(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 先発マウンドに上がったのは最多タイ4勝の京都フローラ龍田と今季1勝の埼玉アストライア古谷。試合は1回裏、京都フローラが1死から3番・村松のヒットなどで一、三塁とすると、5番・岩谷の内野ゴロの間に1点を先制。援護をもらった龍田は4回まで毎回三振を奪うなど5回まで三塁を踏ませないピッチングでアストライア打線を無失点に抑えた。

 一方、埼玉アストライアの古谷もランナーを出しながら要所を締めるピッチングで追加点を許さない。すると6回、埼玉アストライアは2死満塁のチャンスを作り、7番・只埜の押し出しで同点。龍田にとって痛恨の四球となった。

 7回、埼玉アストライアは2死から田口紗帆、加藤優の連打で一、二塁のチャンスを作るが、龍田が踏ん張り勝ち越しならず。その裏の京都フローラの攻撃は3者凡退に終わり試合は延長戦に突入した。

 8回、京都フローラのマウンドには2番手・森若菜があがる。前回登板でアストライア打線に4失点を喫した森だったが、120キロ台の速球を軸に3者凡退に切って取ると、9回も最後の打者を見逃し三振に仕留めるなど2回をパーフェクトピッチングと完全復活。打線を信じてマウンドを降りた。

 一方の埼玉アストライアは、先発の古谷がそのままマウンドへ。110キロ台後半の速球と変化球のコンビネーションがさえ、8回に2つの空振り三振を奪うなど3人で抑えると、9回も続投。最後まで球威は衰えることなく、2つの空振り三振を奪う圧巻のピッチングで9回も3者凡退に抑えた。

 今シーズン屈指の投手戦は規定により引き分け。埼玉アストライア・古谷は強力フローラ打線を初回の1点のみに抑えたほか、延長戦に入るとギアを上げ、4奪三振を記録するなど9回を1人で投げぬき被安打6、8奪三振と115球の熱投。今カードは2試合連続の引き分けとなった。

 試合後、古谷は「なかなか勝ち切れず苦しい試合が続いていますが、今は踏ん張り時です。無駄な1点を与えてしまったのは、私の反省点です。そのあとの内容としては、悪くはありませんが、もっとコースに投げ分けられるように日頃のピッチングから意識して取り組んでいきたいと思います」とコメント。次回の登板も楽しみだ。

日本女子プロ野球リーグ

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」