野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

地元で京都フローラが春季リーグ優勝! 勝率.786の圧倒的な強さを見せつける

5月3日、わかさスタジアム京都で行われた女子プロ野球・春季リーグ京都フローラ対愛知ディオーネは、2-1で京都フローラが勝利し、春季リーグ優勝を決めた。

胴上げをされた京都フローラ・川口監督と選手たち【写真提供:日本女子プロ野球リーグ】
胴上げをされた京都フローラ・川口監督と選手たち【写真提供:日本女子プロ野球リーグ】

川口監督は投手陣を評価「ピッチャーが試合をつくった試合が多かった」

 5月3日、わかさスタジアム京都で行われた女子プロ野球・春季リーグ京都フローラ対愛知ディオーネは、2-1で京都フローラが勝利し、春季リーグ優勝を決めた。

「圧倒的」な強さで世界一を目指す 侍ジャパン女子代表・中島監督がW杯7連覇に懸ける想い(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 引き分け以上で春季リーグ優勝が決まる京都フローラは小西美加、愛知ディオーネは堀田ありさの両右腕が先発。試合が動いたのは4回。愛知ディオーネが2死から7番榊原がプロ通算100本目となるツーベースヒットを放ったのを皮切りに、満塁のチャンスをつくる。

 榊原は、「チーム皆んなに声をかけてもらい、『令和一発目の記録達成を狙おう!』と前向きに取り組めたことが良かったと思います」とコメント。しかし、胴上げ阻止のために先制点が欲しいディオーネだったが、ここは小西が後続を打ち取り得点ならず。

 するとその裏、京都フローラは3番村松のヒットなどで1死1,2塁として、6番三原が打席へ。堀田の低めの球を見事にとらえた打球は左中間を破り1塁走者も一気に生還。さらに続く7番中嶋にもタイムリーヒットが生まれこの回3点の先制に成功する。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」