野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平、メジャー復帰までの219日「一歩ずつが必ずつながる」

大谷翔平、メジャー復帰までの219日「一歩ずつが必ずつながる」

エンゼルスの大谷翔平投手が7日(日本時間8日)の敵地・タイガース戦で「3番・指名打者」でメジャー復帰。4打数無安打1打点1四球2三振とヒットは出なかったが、試合後には「楽しかったです」と笑顔を見せた。

リハビリを経て復帰戦に臨んだエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
リハビリを経て復帰戦に臨んだエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

大谷の人生初の大手術を言葉と経過で振り返る「抵抗はありました。でも長期的に見た時に…」

 エンゼルスの大谷翔平投手が7日(日本時間8日)の敵地・タイガース戦で「3番・指名打者」でメジャー復帰。4打数無安打1打点1四球2三振とヒットは出なかったが、試合後には「楽しかったです」と笑顔を見せた。

【PR】オフシーズンコンテンツも充実 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 昨年10月1日に右肘内側側副靭帯再建術(トミー・ジョン手術)を受けてから219日。人生初の大手術、二刀流選手のトミー・ジョン手術は前例がない中、この日まで着実にリハビリを行ってきた。昨季終了後から術後経過、大谷やオースマス監督らの言葉で復活までの道のりを振り返っていきたい。

※日付は大谷帰国中は日本時間、渡米中は米国時間。

【2018年】
▽9月30日
 昨季最終戦の本拠地アスレチックス戦で「3番・DH」で先発出場。9回先頭で中前打を放ち、サヨナラ勝ちに貢献した。「来年に向けてしっかりとレベルアップできるように大切なオフだと思う。しっかり練習して、また成長できるように頑張りたい」と今季への意気込みを語った。

▽10月1日
 エプラーGMが大谷が米ロサンゼルス市内の病院で右肘内側側副靭帯再建術(トミー・ジョン手術)を受け、成功したと発表した。

▽10月22日
 オースマス監督が本拠地で監督就任記者会見。大谷の状態について、「肘の可動域が高いレベルに戻っている」と説明。20年の二刀流復活へ「それがプラン」と断言する。

▽11月6日
 エプラーGMが大谷がトミー・ジョン手術から順調に回復していることを報告。地元紙「LAタイムズ」のマリア・トーレス記者が自身のツイッターで「TJ手術から順調に回復。肘はほぼ全伸展するという」と伝えた。

▽11月12日
 ア・リーグ新人王を受賞する。電話会見で「もっともっとこの先のほうが長い。そこで活躍できるように来年に向けて頑張りたい」とさらなる進化を誓った。

▽11月22日
 都内の日本記者クラブで会見に臨み、右肘の手術について「抵抗はありましたし、入れない方がいいのではと思っていたが、長期的に見た時に健康な状態で不安なくマウンドで自分のパフォーマンスを見せるのが一番。術後の経過は順調です」と報告した。

▽12月10日
 エプラーGMがウインターミーティングで経過報告。「順調にやっている。素晴らしい。可動域は完全な状態だ」と明かし、来年1月に米ロサンゼルスで医師による診察を受ける方針を示す。

▽12月13日
「2018 毎日スポーツ人賞」の「グランプリ」を受賞し、表彰式に出席。「すごく順調に来ている。このままいいペースで調整できれば」と手応え。2月のキャンプに向けて「確実にバットは振れていたいなとは思っています。ティーバッティングも軽く打ち始めというか、入れれば十分。そこまでの過程が大事」と話した。

▽12月20日
 日本プロスポーツ大賞の大賞を受賞。受賞式に出席し、「恐らくリハビリと並行しながらのシーズンになる。早く実戦に入って、戦力に戻れるように」と意欲。「年内まではやることは同じ。アナハイムに戻るまでは、無理に上げることもなく引き続きのメニューになる。地味な練習をしっかりやっていければ、実戦に入った時にスムーズに入っていける」と話した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」