野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

超「悲惨」な逆転サヨナラ負け… 暴投→捕手“キック”→悪送球で2者生還の「カオス」

米大学野球で悲劇的すぎる幕切れがあった。1点リードの9回1死で投球を捕球できなかった捕手がボールを見失い、三塁走者の生還を許して同点とされると、カバーに入った一塁手の送球が逸れて二塁走者まで生還。勝利目前から一転してサヨナラ負けとなった。MLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」も映像付きで特集し「悲惨な形」と伝えている。

米大学野球で悲劇的すぎる幕切れ(画像はスクリーンショットです)
米大学野球で悲劇的すぎる幕切れ(画像はスクリーンショットです)

1点リードの9回に…米大学野球でせつなすぎるサヨナラ負け、しかも3年連続

 米大学野球で悲劇的すぎる幕切れがあった。1点リードの9回1死で投球を捕球できなかった捕手がボールを見失い、三塁走者の生還を許して同点とされると、カバーに入った一塁手の送球が逸れて二塁走者まで生還。勝利目前から一転してサヨナラ負けとなった。MLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」も映像付きで特集し「悲惨な形」と伝えている。

【動画】プレーヤー必見! 遠投やランニング…MLBの“鬼才”バウアーが明かす独自の練習法

 まさかの形で決着がついたのは、23日(日本時間24日)に行われたSEC(サウスイースタン・カンファレンス)トーナメントの3回戦。LSU(ルイジアナ州立大学)と対戦したオーバーン・タイガースは3-2と1点リードで9回裏の守備を迎えていた。1死二、三塁のピンチ。あと2アウトで勝利……という場面で悲劇が起きた。

 左腕ブルックス・フラーの変化球はワンバウンドに。捕手のマット・シェフラーは後ろに逸らすまいと体ごと抑え込んだが、足元のボールを見失った。さらに、ホームプレート上で慌てている間にボールを蹴ってしまい、一塁方向へと転がっていく……。まず三塁走者が生還。カバーに入った一塁手の本塁への送球も逸れて、三塁ファウルゾーンにボールが転がっている間に二塁走者まで一気に生還してしまった。

 サヨナラ勝利に喜びを爆発させるLSUの選手たち。一方で、悲劇のサヨナラ負けとなったオーバーン・タイガースの選手たちは呆然。その場に座り込む選手もいた。

「Cut4」は「オーバーン大のSECトーナメントが悲惨な形で終わった」とのタイトルでレポート。記事では「野球シーズンの興奮を味わい、誰も終わるのを見たくはない。しかし、終わるのであれば、ファンたちは応援しているチームが少なくともを美しく敗退することを望む」として、このシーンを振り返っている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」