野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「素材はすごい」―独立Lで対戦した岩村明憲氏が語る、ドジャース北方悠誠の可能性

BCリーグ栃木の北方悠誠投手が、ロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約を結んだ。2011年ドラフト1位でDeNAに入団しながら、潜在能力を発揮できないまま、NPBで2度戦力外通告を経験。制球が大きな課題ではあったが、150キロ台後半の剛速球を武器に、独立リーグを渡り歩きながらNPB復帰の道を探っていた。

ドジャースとマイナー契約を結んだ北方悠誠【写真:荒川祐史】
ドジャースとマイナー契約を結んだ北方悠誠【写真:荒川祐史】

BCリーグ福島の監督として対戦「あのスピードボールは驚異的な武器」

 BCリーグ栃木の北方悠誠投手が、ロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約を結んだ。2011年ドラフト1位でDeNAに入団しながら、潜在能力を発揮できないまま、NPBで2度戦力外通告を経験。制球が大きな課題ではあったが、150キロ台後半の剛速球を武器に、独立リーグを渡り歩きながらNPB復帰の道を探っていた。

【動画】プレーヤー必見! 遠投やランニング…MLBの“鬼才”バウアーが明かす独自の練習法

 そんな25歳右腕に目を付けたのがドジャースだった。日本の独立リーグから米球界入りを掴んだ北方について、同じBCリーグの福島レッドホープスで指揮を執る岩村明憲監督は「夢は広がりますよね」と話した。

「彼の場合は、時速160キロの球を投げる素材があって、NPBを経験した上で独立リーグに来ている。だから、アマチュアから直接独立リーグに来た選手にも、このパターンが当てはまるかというと、少し難しい部分はありますよね。でも、メジャー球団も日本の独立リーグまで電波を張っていると分かったことは、外国人選手も含め、みんなにとって刺激になると思いますよ」

 岩村監督自身、2007年から4シーズンをメジャーでプレー。世界トップレベルの選手たちと鎬を削った。そんな岩村監督の目に、対戦相手としての北方はどう映っていたのだろうか。

「あのスピードボールは驚異的な武器ですよね。BCリーグにもバッティングだけだったらNPBで通用する可能性がある選手は何人もいるけど、そういう打者と対戦しても、彼の真っ直ぐは群を抜いている。素材としてはすごいものがありますよ。ただ、日本では制球難があるということで、一度レッテルを貼られてしまった。事実、突如としてビックリする球を投げる時もあったからね(笑)。それでも、メジャーのスカウトが見る中で、おそらく本人も来ていることを知っていたと思うけど、その中で自分のポテンシャルを発揮できたのは、彼の成長でしょう」

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」