野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

BCリーグ福島にMLB初女性コーチがコーチ留学 岩村監督「国際交流の一環に」

BCリーグ福島は参入5年目を迎える今季、チーム名を「ホープス」から「レッドホープス」に変え、新たなスタートを切った。球団創設1年目より指揮を執る岩村明憲監督は、新運営会社「Y.O.A」を設立して代表取締役にも就任。フロントの長として、現場の長として、チームを率いて福島を盛り上げることになった。

福島レッドホープス・岩村明憲監督【写真:佐藤直子】
福島レッドホープス・岩村明憲監督【写真:佐藤直子】

今季から運営会社の代表取締役に就任「僕はもう福島県民ですから」

 BCリーグ福島は参入5年目を迎える今季、チーム名を「ホープス」から「レッドホープス」に変え、新たなスタートを切った。球団創設1年目より指揮を執る岩村明憲監督は、新運営会社「Y.O.A」を設立して代表取締役にも就任。フロントの長として、現場の長として、チームを率いて福島を盛り上げることになった。

 2019年のチームスローガンに「Connect(つなぐ)」を掲げるレッドホープスは、様々な形でつながりを広げている。3月には郡山市を拠点とする女子硬式野球チーム「ふくしまヴィーナス」を傘下に加え、「福島レッドホープスレディース」とした。岩村氏は「福島の小中学校で野球やソフトボールをやっている女の子たちが将来的に目指せる場所になるといい。女の子だからこれをしないといけない、女の子だからやっちゃだめということは作るべきじゃない。彼女たちが野球を好きだという気持ちを応援したいんです」と話し、福島の野球少女たちが地元でプレーし続けられる環境の整備に取り組むとした。

 さらに、5月29日からはMLB史上初の女性打撃投手&女子コーチとなったジャスティン・シーガルさんがコーチ研修を積むことに。シーガルさんは2017年の第4回WBCではイスラエル代表コーチも経験した。「今回は日本でコーチ研修をしたいということで、ぜひ福島に来てもらうことにしました。福島は来年の東京オリンピックで野球とソフトボールの会場となるので、国際交流の一環にもつながると思います」と大歓迎。昨年、古巣のタンパベイ・レイズで始球式をした際は、球団オーナーのステュワート・スタンバーグ氏にチーム同士の交流を提案するなど、積極的にネットワークを広げている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」