野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

埼玉エース谷山復活! 7回2失点で夏季リーグ初勝利「優勝に貢献できるように」

女子プロ野球・夏季リーグが3日、愛知・一宮市営球場で行われ、埼玉アストライアが愛知ディオーネを3-2を下した。

埼玉アストライア・谷山莉奈【写真提供:日本女子プロ野球リーグ】
埼玉アストライア・谷山莉奈【写真提供:日本女子プロ野球リーグ】

谷山は粘りの投球「たくさん声をかけて助けてもらったので」

 女子プロ野球・夏季リーグが3日、愛知・一宮市営球場で行われ、埼玉アストライアが愛知ディオーネを3-2で下した。

2018年侍ジャパン全カテゴリーの熱戦を振り返る トップチーム日米野球の圧巻勝利で幕(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 埼玉アストライアは初回、先頭の中田がツーベースヒットで出塁したのを皮切りに1死二、三塁のチャンスをつくると4番今井が中前に運び2点を先制。さらにこの回1点を加え、3点のリードを奪った。

 投げては埼玉アストライアの先発・谷山は粘りの投球で決定打を許さなかった。里綾実とのエース対決で、7回2失点の完投勝利を挙げた。試合後、谷山は「初回に3点も良い形で先制点を取ってくれましたし、途中苦しい場面も野手陣やベンチからたくさん声をかけて助けてもらったのでなんとか守りきれてホッとしています。最終回の中田選手のファインプレーもとても勇気をもらえました。夏季リーグ優勝に貢献できるよう5勝を目標に頑張ります」とコメントした。

 大山監督は、「投打噛み合った試合でした。四番の今井がチャンスで打ってくれたことと、攻撃が三者凡退で終わった後は谷山選手が先頭打者をしっかり抑えてくれたことがチームの流れを勝利に近づけてくれました」と振り返った。

 愛知ディオーネはあと1点が遠く、夏季リーグ開幕2連敗となった。

日本女子プロ野球リーグ

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」