愛知ディオーネ、夏季リーグ待望の初勝利 2打点の4番金城「盛り上げて行きたい」

愛知ディオーネ・金城妃呂【写真提供:日本女子プロ野球リーグ】
愛知ディオーネ・金城妃呂【写真提供:日本女子プロ野球リーグ】

初回に先制のタイムリーを放った4番・金城

 女子プロ野球・夏季リーグは4日、愛知・一宮市営球場で行われ、愛知ディオーネが京都フローラを5-3で下し初勝利を挙げた。

 先発マウンドに上がったのは春季リーグで5勝をあげた京都フローラ・龍田美咲と、昨年の最多勝の愛知ディオーネ・松谷比菜乃の両右腕だった。

 地元・愛知での夏季リーグでなんとしてでも初勝利をつかみたい愛知ディオーネは、今シーズン主に4番を務めていた三浦を2番、好調の金城をトップチーム昇格後初の4番にするなど、大きく打線を入れ替え。すると初回から新打線が機能した。

 1番西山と「新2番」三浦が連打でチャンスをつくると、送りバントで1死二、三塁として4番の金城を迎える。ディオーネの4番として初打席になった金城は3球目をとらえると打球はセンター前に抜けるタイムリーヒットとなり、ディオーネが先制に成功する。

 さらに寺部もタイムリーヒットで続き、初回から2点のリードを奪うと、2回にも1点を加え、序盤からディオーネが優位に試合を進める。援護をもらった松谷は、ランナーを出しながらも要所を締めるピッチングでフローラに得点を与えず、スコアボードに「0」を並べる。

夏季リーグ初勝利となった碇美穂子監督「打線を意識し今出来ることを全力でプレーしてくれた」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY