野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

元巨人外野手が社会人名門で再出発 心に残る川相元2軍監督の言葉

新天地で一心不乱にバットを振っていた。昨季まで巨人のユニホームを着ていた27歳の青山誠外野手は、社会人野球の名門・JX-ENEOSで野球を続けていた。戦力外通告を受けた後、トライアウトを受けたが、NPB球団から声はかからなかった。

巨人を戦力外となりJX-ENEOSでプレーを続ける青山誠【写真:編集部】
巨人を戦力外となりJX-ENEOSでプレーを続ける青山誠【写真:編集部】

2014年巨人育成1位入団 17年支配下登録も昨年、戦力外通告。JX-ENEOSへ加入

 新天地で一心不乱にバットを振っていた。昨季まで巨人のユニホームを着ていた27歳の青山誠外野手は、社会人野球の名門・JX-ENEOSで野球を続けていた。戦力外通告を受けた後、トライアウトを受けたが、NPB球団から声はかからなかった。3軍で1番や4番で結果を残し、這い上がり、2017年シーズン途中に育成から支配下選手登録になった。しかし、プロ5年間で1軍出場はなし。まだ自分の中で、完全燃焼したとは言い難かった。

【動画】プレーヤー必見! 遠投やランニング…MLBの“鬼才”バウアーが明かす独自の練習法

「正直、野球はここまでなのかな、と思いました」

 諦めかけたとき、「熱い思いをもう一度、野球にぶつけてほしい」と今のチームのスタッフから電話があった

 青山は気迫あふれるプレースタイル。むき出しにする闘志が持ち味だった。ファームの試合では初球からフルスイングで本塁打を放つこともあった。塁に出れば大きなストライドで盗塁や果敢に次の塁を狙った。スケールの大きさを感じずにはいられなかった。時に熱くなることもあれば、その反面、気持ちが沈むこともあった。

「また、ありがたいことにお誘いをいただいて、もう1回野球に取り組んでいきたいと思いました。プロ野球で結果が出ず、『完全燃焼できたのか?』と(スタッフから)聞かれて、自問自答しました。チームは変わるけど、ここで完全燃焼すればいいんじゃないかと思いました」

 今は、チームでクリーンアップを任され、JABA東北大会や都市対抗野球予選に出場した。

 青山はこのJX-ENEOSのグラウンドで燃え尽きようとしている。再びNPBの舞台へ戻るという思いはなかった。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」