野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

アストライアが「オープナー」採用で勝利 中継ぎ4投手の継投がハマり完封

一宮市営球場で行われた女子プロ野球・夏季リーグ愛知ディオーネ-埼玉アストライアは2-0で埼玉アストライアが勝利した。

埼玉アストライア・前田桜茄【写真提供:日本女子プロ野球リーグ】
埼玉アストライア・前田桜茄【写真提供:日本女子プロ野球リーグ】

夏季リーグ初スタメンの前田が決勝打「1人じゃこの結果にはならなかった」

 一宮市営球場で行われた女子プロ野球・夏季リーグ愛知ディオーネ-埼玉アストライアは2-0で埼玉アストライアが勝利した。

2018年侍ジャパン全カテゴリーの熱戦を振り返る トップチーム日米野球の圧巻勝利で幕(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 先発マウンドに上がったのは愛知ディオーネは松谷比菜乃、埼玉アストライアは海老悠。2試合連続完封負けの愛知ディオーネは初回、2回と得点圏にランナーを進めるものの、あと一本が出ず得点できない。

 すると2回裏、アストライアは1死からヒットで出塁した只埜を一塁に置いて、夏季リーグでは初めてのスタメン起用となった8番・前田が右中間を真っ二つに破るタイムリースリーベースヒットを放ち先制。1番・中田にもタイムリーヒットが生まれ、この回2点を先制した。

 先制に成功したアストライアは3回から2番手・甲斐田をマウンドへ。甲斐田は2死一、二塁のピンチを背負うものの、無失点で3回を抑えると、4回には球威満点のボールで2つの空振り三振を奪う好投を見せる。

 5回からはサブマリン・山口千沙季が3番手としてマウンドに上がり、三者凡退に締めて試合は終盤へ。継投策でつなぐアストライアに対し、ディオーネ先発の松谷は安定感を取り戻し、2回以降は決定打を許さないピッチングでスコアボードに0を並べ、打線の反撃を待つ。

 2-0で迎えた最終回、ディオーネは6回からマウンドに上がったアストライア・泉由有樹から相手の失策と四死球で走者をため、2死満塁のチャンスをつくったものの、最後の打者がサードへのファウルフライに倒れ試合終了。中継ぎ陣で試合をつくる「オープナー」の戦法をとったアストライアの4投手による継投がはまり、2-0でアストライアが完封勝利を収めた。2番手で登板した甲斐田はうれしいプロ初勝利だ。

 一方のディオーネはランナーを出すものの決定打に欠け、3試合連続の完封負けとなった。

 試合後、ヒロインとなった前田は「状態は良かったけど、なかなか試合に出られないなかで、モチベーションは落とさずに今やるべきことだけをやってきました。そこでもらったチャンスで結果が出たのはとても嬉しかったです。真っ先に家族や応援してくれている人たちや仲間の顔が浮かびました。本当に1人じゃこの結果にはならなかったと思います。もらったチャンスを活かしてチームの勝利に貢献できるように頑張ります」とコメントした。

日本女子プロ野球リーグ

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」