野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

明大ドラ1候補・森下が9回10K1失点完投 38年ぶり6度目の優勝

第68回全日本大学野球選手権の決勝戦が17日、神宮球場で行われ、明大(東京六大学)は佛教大(京滋大学リーグ)を6-1で下し、38年ぶり6度目の優勝を飾った。今秋ドラフト1位候補のエース、右腕・森下暢仁投手は完封勝利で飾った。

序盤からリードして終盤の追い上げを振り切る

 第68回全日本大学野球選手権の決勝戦が17日、神宮球場で行われ、明大(東京六大学)は佛教大(京滋大学リーグ)を6-1で下し、38年ぶり6度目の優勝を飾った。今秋ドラフト1位候補のエース、右腕・森下暢仁投手は完封勝利で飾った。

 森下が省エネ投球で試合を作った。3回までパーフェクトに抑えると、テンポよく快投した。9回1死二塁から野嶋の適時二塁打を許したものの、105球、10奪三振、7安打1失点と好投した。

 打線は3回に敵失、ボークなどで3点先制。9回には喜多の走者一掃の3点二塁打でダメ押した。佛教大は初優勝とはいかなかった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」