野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

BCリーグ茨城、32歳の球団代表が抱く夢「僕は目線、4つ向いてますね」

夢は願うのではなく、叶えるものなのかもしれない。独立リーグとはいえ、球団を持つ夢を30代の若さで叶えた男がいる。

BC茨城の山根代表(右)とチームキャラクターのアストロマン【写真:細野能功】
BC茨城の山根代表(右)とチームキャラクターのアストロマン【写真:細野能功】

32歳の山根将大代表、2013年の楽天日本一で「スポーツの力を実感」

 夢は願うのではなく、叶えるものなのかもしれない。独立リーグとはいえ、球団を持つ夢を30代の若さで叶えた男がいる。

【動画】プレーヤー必見! 遠投やランニング…MLBの“鬼才”バウアーが明かす独自の練習法

 ルートインBCリーグに今季から初参戦した茨城アストロプラネッツの山根将大代表(32)がその人。17日に水戸のノーブルスタジアム水戸で行われた群馬戦で15連敗。BCリーグの連敗記録更新を続けているが「引き分けを挟まないNPBの連敗記録は16。残り2試合負けると史上初ですね」とポジティブに笑い飛ばした。茨城にとっての前期は、18日の群馬戦、19日の栃木戦の2試合を残すのみ。ロッテの18連敗はあるが、1引き分けを挟んでいる。確かに新記録だ。

 2011年の東日本大震災で「楽天の日本一で、地元の人が涙を流して喜んだ。スポーツの力を実感した。何とか地元を元気にしたい」と大手運送会社の社員から脱サラ。球団をつくる資金を得るため、一人でWEB制作会社を立ち上げた。障碍者支援も行い、ひたちなか市、水戸市、土浦市など6事業所を抱えて飲食業から農業にまで手を広げ、グループ全体で従業員200人以上を抱えるまでになった。前期の通算観客動員は2万人を超える栃木には及ばないが、1万人超えを達成。新潟に続くBCリーグ11球団中3位と健闘している。「今後の目線は4つの方向に向いている」という山根代表に、夢の続きを聞いた。

――「球団を持つ」と口では言えるけど、その若さで実現するとなると凄いことではないですか?

「一言で言って、人に恵まれましたね」

――きっかけは何ですか?

「新卒で長野の運送会社に勤めていた1年目の終わりに、大震災がありました。中学、高校は、ひたちなか市。高校野球のファンでしたが、大震災後の楽天日本一(2013年)で(ファン、選手が)一体になった姿を見て、茨城に被災している人たちを元気づける、プロのスポーツチーム、球団があればと思ったんです。それで茨城に独立リーグの球団をつくる動きがないか、(独立リーグの)村山代表に何度も問い合わせしましたが、そんな動きは全くありませんでした。そこで、独立リーグに雇ってもらって、(組織の力で)球団をつくれないかと採用をお願いもしましたが駄目で、それなら自分でやるしかないと、事業計画書をリーグに提出。球団創設までのプロセスを学びました」

――資本力がないと、とても球団なんか持てませんよね。

「そこで会社を立ち上げるため、2015年に(大手運送会社を)退社、8月にWEB制作会社を一人で立ち上げました。株式会社です。ECサイトのコンサルティングみたいな仕事をしていたので、色んな手法を学び、自分のアイデアも出しながらスタートしました」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」