野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 球宴ファン投票は人気重視?成績反映? 中間発表結果と実成績を比較【セ編】

球宴ファン投票は人気重視?成績反映? 中間発表結果と実成績を比較【セ編】

17日に日本野球機構(NPB)から発表された「マイナビオールスターゲーム2019」のファン投票結果の最終中間発表。西武の山川穂高内野手がセパ両リーグ通じて最多の得票数を獲得し、同僚の秋山翔吾外野手とともに40万票を超えた。最終結果は24日に発表され、栄えあるファン投票選出選手が決まる。

広島・大瀬良大地(左)と中日・高橋周平【写真:荒川祐史】
広島・大瀬良大地(左)と中日・高橋周平【写真:荒川祐史】

17日にファン投票結果の最終中間発表が行われた

 17日に日本野球機構(NPB)から発表された「マイナビオールスターゲーム2019」のファン投票結果の最終中間発表。西武の山川穂高内野手がセパ両リーグ通じて最多の得票数を獲得し、同僚の秋山翔吾外野手とともに40万票を超えた。最終結果は24日に発表され、栄えあるファン投票選出選手が決まる。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! プロ野球を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 現時点では阪神が、西勇輝投手、ピアース・ジョンソン投手、梅野隆太郎捕手、大山悠輔内野手、近本光司外野手と12球団最多の5選手が選出“圏内”にいる。これに続くのが西武とソフトバンクの3選手ずつとなっているが、このファン投票、例年のように、議論となるのが、投票結果と成績が必ずしも一致しない点だ。

 今季も怪我で前半戦の多くを欠場しているソフトバンクの柳田悠岐外野手がパ・リーグ外野手部門の3位に位置しているなど、成績と投票がそぐわないことはままある。ファン投票=人気投票となるだけに、仕方のない側面はあるのだが、ここでは現時点での各部門の投票上位選手とその成績を見ていきたい。

○先発投手
1 西勇輝(阪神)
12試合3勝6敗0S0H 2.64
2 大瀬良大地(広島)
12試合6勝3敗0S0H 2.02
3 菅野智之(巨人)
10試合7勝3敗0S0H 4.19
4 今永昇太(DeNA)
12試合7勝3敗0S0H 2.07

○中継ぎ投手
1 ジョンソン(阪神)
28試合2勝0敗0S19H 0.64
2 一岡竜司(広島)
25試合0勝0敗0S0H 1.50
3 中川皓太(巨人)
30試合2勝1敗7S8H 1.44

○抑え投手
1 山崎康晃(DeNA)
25試合1勝1敗13S0H 1.50
2 R・ドリス(阪神)
29試合3勝2敗13S4H 1.55
3 中崎翔太(広島)
28試合2勝2敗8S3H 2.93

 投手陣は成績面、勝利数や防御率では2位の大瀬良や4位の今永が上回っているが、首位に立っているのは、ここまで3勝6敗の西だ。ただ、大瀬良との差はごく僅か。中継ぎのジョンソン、抑えの山崎は成績を見ても、順当な投票数と言えるだろう。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」