野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

愛知ディオーネが埼玉アストライアに勝利し3連勝 後輩の前で至学館OGたちが活躍

愛知県・パロマ瑞穂野球場で行われた女子プロ野球の夏季リーグは26日、愛知・パロマ瑞穂球場で愛知ディオーネ対埼玉アストライアの一戦が行われ、8-3で愛知ディオーネが勝利した。

愛知ディオーネ・榊原梨奈【写真提供:日本女子プロ野球リーグ】
愛知ディオーネ・榊原梨奈【写真提供:日本女子プロ野球リーグ】

至学館高卒の榊原が決勝打「後輩がファンの皆さんと応援してくれていた」

 愛知県・パロマ瑞穂野球場で行われた女子プロ野球の夏季リーグは26日、愛知・パロマ瑞穂球場で愛知ディオーネ対埼玉アストライアの一戦が行われ、8-3で愛知ディオーネが勝利した。

2018年侍ジャパン全カテゴリーの熱戦を振り返る トップチーム日米野球の圧巻勝利で幕(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 この日、ディオーネとアストライアの間で3選手ずつ計6選手の移籍が発表され、この試合が現行体制では最後の試合となった両チーム。至学館高校、至学館大学の女子野球部員たちがスタンドに多く駆け付けた中、先手を取ったのはディオーネだった。

 初回1死三塁のチャンスを作ると、3番の星川がセンターへ犠飛を放って先制に成功。3回には1死一、三塁から4番金城、5番寺部に連続適時打が生まれ、アストライアの先発・古谷から序盤で3点を奪い取った

 アストライアは3回裏に反撃に出る。安打と四球で1死満塁とし、5番みなみが押し出し四球。さらに、6番泉由希菜は適時打を放ち、ディオーネの先発・松谷をマウンドから引きずり下ろした。

 なおも満塁のチャンスで、2番手・笹沼からこの日7番で起用された田口紗帆が、代わったばかりの2番手・笹沼から適時打を放ち同点に追いついた。二塁走者もホームを狙ったが、ここはディオーネ守備陣の中継プレーによりタッチアウト。続く山崎まりはライトへヒット性の当たりを放ったが、ライトゴロに終わり勝ち越すことはできなかった。

 5回にディオーネが待望の勝ち越し点を奪う。先頭星川の内野安打を皮切りに1死満塁とすると、母校・至学館高の校歌「夢追人」の大合唱が響く中で打席に向かったのは7番の榊原。古谷が投じた8球目を捉えた打球は右前で弾み、2点適時打となって勝ち越しに成功した。

 この回、ディオーネはさらに2番岩見にも2点適時打が飛び出すなど、大量5点を奪ってリードを広げた。6回裏を至学館大OGの坂東が3者凡退に封じると、最後は小原が最終回をしっかりと締めくくった。母校の後輩がスタンドで見守る中、至学館OGが随所で「先輩の威厳」を発揮。勝利したディオーネが3連勝を飾る一方で、アストライアは3連敗となった。

 試合後、この試合の決勝打を放った榊原は、「なんとしても勝ち越しのチャンスでランナーを返して、チームにもう一度勢いをつけたかったので、それをみんなの応援が後押ししてくれたお陰で本当にホッとしたのが一番最初の気持ちです。ずっと後輩がファンの皆さんと応援してくれていたのも凄く聞こえていました!いいところで母校の校歌を歌ってくれたのでこの話をヒロインインタビューでできたことがうれしかったです!みんなも夏の大会前で忙しい中、女子プロ野球を盛り上げにきてくれて本当にありがとう!!!!」と後輩に感謝のメッセージを送っていた。

日本女子プロ野球リーグ

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」