野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

京都フローラが埼玉アストライアに快勝 先制打の中村「何も考えずに」

29日に静岡・浜松球場で行われた女子プロ野球の夏季リーグ京都フローラ対埼玉アストライアは、6-3で京都フローラが勝利した。

京都フローラ・中村茜【写真提供:日本女子プロ野球リーグ】
京都フローラ・中村茜【写真提供:日本女子プロ野球リーグ】

アストライアは反撃及ばずに4連敗

 29日に静岡・浜松球場で行われた女子プロ野球の夏季リーグ京都フローラ対埼玉アストライアは、6-3で京都フローラが勝利した。

2018年侍ジャパン全カテゴリーの熱戦を振り返る トップチーム日米野球の圧巻勝利で幕(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 アストライア谷山莉奈とフローラ植村美奈子が先発マウンドに上がった試合は初回から動いた。1回表2死一、二塁からフローラの5番中村が放った打球は降りしきる小雨を切り裂き、右中間を大きく破るタイムリースリーベースヒットに。さらに三原にも適時打が生まれ、幸先よく3点を先制した。

 2回にもフローラは村松の適時打で追加点をあげてリードを広げた。その裏、アストライアも反撃に転じる。6番山崎、7番田口紗帆の連打などで2死一、二塁とし、1番中田が中前適時打。3回にも、3番加藤がヒットで出塁し、夏季リーグの打率が3割を超えている5番みなみが右中間に適時二塁打を放ち、2点差に詰め寄った。

 フローラは6回、先頭の9番佐々木がセーフティーバントを決め出塁すると、この後1死一、三塁とチャンスを拡大。ここで3番村松がこの日2本目となる適時打を放ち、貴重な追加点を奪い、勝負を決定付けた。

 アストライアは6回にも1点を返したものの、先発・植村から小西、森若菜と継投されたフローラの投手陣を最後まで攻略できず。試合は6-3でフローラが勝利した。植村は6勝目、森はリーグのセーブ記録にあと3と迫る12セーブ目。一方のアストライアは4連敗となった。

 試合後、先制の適時打を放った中村は「何も考えずに思い切ってバットを振り抜くことだけを意識して打席に立てたことが、いい結果につながったと思います。よくなってきましたが、現状に満足することなく、日々の練習からしっかりと試合をイメージして練習に取り組んでいきます」とコメントしていた。

日本女子プロ野球リーグ

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」