野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

首位独走のホークスはファームも必見! キューバの大砲候補、和製大砲の高卒組も

絶対的エース・千賀滉大投手を筆頭に、正捕手・甲斐拓也、大竹耕太郎投手など、数え切れないほどの選手が育成登録から1軍の中心選手へと羽ばたいていった福岡ソフトバンク。今季もその伝統は損なわれることなく、数多くの選手がファーム本拠地・タマスタ筑後でアピールを続けている。今回は、そんな中でも特に光り輝く3選手を紹介したい。

ソフトバンクのオスカー・コラス【画像:(C)PLM】
ソフトバンクのオスカー・コラス【画像:(C)PLM】

千賀、甲斐、大竹に続くファームの期待の新星たちを紹介

 絶対的エース・千賀滉大投手を筆頭に、正捕手・甲斐拓也、大竹耕太郎投手など、数え切れないほどの選手が育成登録から1軍の中心選手へと羽ばたいていった福岡ソフトバンク。今季もその伝統は損なわれることなく、数多くの選手がファーム本拠地・タマスタ筑後でアピールを続けている。今回は、そんな中でも特に光り輝く3選手を紹介したい。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 まず1人目は、キューバ生まれの20歳・コラス選手だ。2017年より育成選手として福岡ソフトバンクの一員となると、1年目は野手と投手の「二刀流」に挑戦した。ただ、昨季からは野手に専念してファームで55試合に出場。まだまだ粗削りな部分こそあったが、打率.212、7本塁打と成長の兆しは見せていた。

 日本球界3年目となる今季は開幕からアピールに成功。7月9日試合終了時点で49試合に出場、リーグ3位の打率.301を記録し、9本塁打を放って長打率も5割を超えるなど、持ち味のパンチ力も存分に発揮している。5月にはウエスタン・リーグの月間MVPを獲得し、翌6月には念願の支配下登録を勝ち取った。

 現在、福岡ソフトバンクの1軍ではデスパイネ、グラシアル、モイネロ、ミランダの4人のキューバ出身選手が活躍を見せている。ただ、7月末ごろから主軸のグラシアル選手が母国の代表に参加するために帰国の予定。チームのピンチを救うべく、勢いに乗るコラス選手が1軍の舞台に立つ可能性は十分だ。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」