野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

戦力外、育成、野手転向… プロ5年の苦労人が掴んだ初アーチ「まだ野球がしたい」

厳しいプロ野球の世界に身を置き、ひたむきに戦う選手達の姿を見るとそう感じます。そう思わせてくれる中に、オリックスの佐野皓大外野手の姿があります。「好き」に向き合う苦しさを人一倍知っている佐野選手。普段、私がその姿にパワーをもらっているように、この記事を読んでくださった方にも何かを感じとっていただけたら……。

オリックス・佐野皓大【写真:竹村美緒】
オリックス・佐野皓大【写真:竹村美緒】

プロ5年の佐野皓大外野手、投手として入団も戦力外、育成契約、野手転向を経験した苦労人

「目の前に広がるグラウンドには夢を叶えるヒントがたくさん散りばめられている」

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 厳しいプロ野球の世界に身を置き、ひたむきに戦う選手達の姿を見るとそう感じます。そう思わせてくれる中に、オリックスの佐野皓大外野手の姿があります。「好き」に向き合う苦しさを人一倍知っている佐野選手。普段、私がその姿にパワーをもらっているように、この記事を読んでくださった方にも何かを感じとっていただけたら……。

 7月6日、神戸の夜空に打ちあがる放物線にスタンドから大歓声が沸き起こった。プロ5年目を迎えた佐野選手が初本塁打となる同点3ランを放ちました。

「ずっとホームランを打ちたかった」

 プロ通算98打席目で若き苦労人の待望の一発だった。

 いつも球場に行くと、そこには早出練習に黙々と打ち込む選手の姿がある。前日に遅くまで試合をしていても、好不調問わずどんな時でも早出練習に現れ無心でバットを振り続けています。

「人より練習しないと置いていかれますからね。まだまだ他の選手たちと比べると打席に立たせてもらえる機会も少ないですから、みんなと同じ量だけ練習していても、どんどん離されていくだけなので!」

 そんな姿を見ると、寝不足だと弱音を吐きそうになる自分が恥ずかしい。練習熱心で、真面目、どんな時も謙虚なその姿勢からは学ぶことばかり。そんな佐野選手の波瀾万丈に富んだ野球人生を追った。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」