野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

元鷹・攝津正氏が都市対抗準決勝で始球式 現在は「趣味に時間を」

昨季限りで現役を引退した元ソフトバンクの攝津正氏が24日、第90回都市対抗野球大会の準決勝第2試合の始球式に登場した。

社会人時代の古巣JR東日本東北のユニフォームを着て始球式に登場した元ソフトバンクの攝津正氏【写真:安藤かなみ】
社会人時代の古巣JR東日本東北のユニフォームを着て始球式に登場した元ソフトバンクの攝津正氏【写真:安藤かなみ】

始球式については「久しぶりだったので届くかなと思ったのですが…」

 昨季限りで現役を引退した元ソフトバンクの攝津正氏が24日、第90回都市対抗野球大会の準決勝第2試合の始球式に登場した。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 攝津氏は2001年から2008年までJR東日本東北に在籍していた当時のユニフォームを着用して登場。始球式を終えると、「懐かしいですね。当時を思い出します」と晴れやかな笑顔を見せた。この日のために自宅で練習をしていたといい、投球については「久しぶりだったので届くかなと思ったのですが、届いてよかった。高めに行ってしまったので、しっかり投げればよかった」と悔しがった。

 JR東日本東北に在籍していた8年間で都市対抗に6度出場している攝津氏は当時を振り返り「予選の難しさを感じていました。し烈なトーナメントですし、一つのミスも許されない緊張感のある試合をやっていました」と話し、「社会人野球で揉まれた経験がプロの世界でも役に立ちました」と懐かしんだ。

 現役引退後はプロ野球解説やラジオ番組などに出演し、活動の幅を広げている攝津氏。趣味の釣りやゴルフを楽しんだり、現役時代はなかなかできなかったという家族サービスにも精を出しているという。「これまでできなかった趣味に時間を費やしています。いい時間を過ごすことができていますね」と充実した表情で語っていた。

(安藤かなみ / Kanami Ando)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」