野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

BC栃木の谷津「今年は絶対に行く」 NPBへの熱い思い吐露「思いは強い」

NPBへの熱い思いは誰にも負けない。BCリーグ栃木の23歳・谷津鷹明内野手が「今年が(BCリーグの)ラストシーズン。今年は絶対に(NPBへ)行く」と宣言した。

BC栃木・谷津鷹明【写真:細野能功】
BC栃木・谷津鷹明【写真:細野能功】

巨人OBの寺内監督も期待「ポテンシャルは十分ある」

 NPBへの熱い思いは誰にも負けない。BCリーグ栃木の23歳・谷津鷹明内野手が「今年が(BCリーグの)ラストシーズン。今年は絶対に(NPBへ)行く」と宣言した。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 栃木は28日、栃木市営球場で巨人3軍と対戦し、6点差を追いつき8-8で引き分けた。27日の巨人3軍戦は、どちらがNPB選手かと思わせる9-1の快勝。八津はキャプテンとして、群馬から首位を奪回したチームを引っ張った。

 28日の試合では4回に1軍経験者の左腕・池田から逆方向へ左前適時打と技術も見せ、一挙7得点に貢献。打率は西岡剛内野手に次ぐ.339でチーム2位と成長し、内外野が守れる守備力と肩、足が評価されて、ドラフト候補に挙げられている。

 谷津は巨人3軍との戦いに「あのユニホームを着ている選手を追い抜かないことには、僕たちの夢は叶わない。応援してもらった方々に、恩返しするのはプロ野球選手になること。(その)思いは強い」と話す。西岡という最大の目標、お手本が目の前にいる。「バッティングも守備も、僕らが考えもしない細かなことまで、野球を考えている。私生活からきっちり野球に繋げていくことを学んでいます」と谷津。寺内監督も「(NPBへの)ポテンシャルは十分ある。全ての面でひとつ、ひとつレベルアップするサポートをしていきたい。楽しみです」と話し、さらなる成長を期待した。

(細野能功 / Yoshinori Hosono)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」