野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【野球と音楽】ベリーグッドマン・MOCAが初めて語る、強豪・延岡学園で白球を追った青春の日々

「野球」と「音楽」という2つの世界をひとつにつなげる「Full-Count」特別企画。今回は、3人組ボーカルユニット「ベリーグッドマン」から、元高校球児のMOCA(ボーカル・MC)が登場。親しみやすいメロディーと聴く人の心に優しく響く言葉の数々は、プロ野球選手をはじめ多くのアスリートからも支持されている。そんな彼らの歌に隠された物語とは――。

3人組ボーカルユニット「ベリーグッドマン」のボーカル・MCを務めるMOCAさん【写真:佐藤雄彦】
3人組ボーカルユニット「ベリーグッドマン」のボーカル・MCを務めるMOCAさん【写真:佐藤雄彦】

プロ野球選手をはじめ多くのアスリートから支持される歌に隠された物語・全2回

「野球」と「音楽」という2つの世界をひとつにつなげる「Full-Count」特別企画。今回は、3人組ボーカルユニット「ベリーグッドマン」から、元高校球児のMOCA(ボーカル・MC)が登場。親しみやすいメロディーと聴く人の心に優しく響く言葉の数々は、プロ野球選手をはじめ多くのアスリートからも支持されている。そんな彼らの歌に隠された物語とは――。

甲子園出場を果たした球児、ベンチに入れなかった球児、野球の思い出を胸に今を生きるすべての球児に、故郷・大阪から宮崎の強豪高校に野球留学した経験を持つMOCAが2回に渡ってお送りするメッセージ。それでは、まず第1試合からプレイボール!

◇ ◇ ◇

――MOCAさんに、ここまで野球を語っていただくのは初めてだと伺っています。今回は元高校球児の一面をご紹介したいと思います。

MOCA「楽しみにしてました。よろしくお願いします」

――まず野球を始めたきっかけを教えて下さい。

MOCA「僕の父親は大の巨人ファン。ずっとテレビでジャイアンツ中継ばっかり見とって、チャンネルを変えたら怒られるみたいな(笑)。大阪に住んでいながら、そんな家庭で育ったんです。小学2年の時に近くの公園から『ヘイヘイホー』って、野球の掛け声が聞こえてきた。自分も混ざりたいと思って、おかんに『野球やりたい』って言ったら、最初は『あんたはすぐやめるから無理や』って言われたんです。でも、そこから1年間、ずっと『野球やりたい』って言い続けてたら、やっと許してもらえて。それがきっかけです。

入ったのは西成ホークスというチーム。当時の僕はめっちゃ太ってて『4番・キャッチャー・キャプテン』やったんですけど、当たれば全部ホームランみたいな、そんな少年でした。ただ、うっすい水色のユニホームがカッコ悪くて、それだけはコンプレックスでしたけど(笑)」

――(笑)そこから野球に打ち込む毎日が始まったんですね。

MOCA「一途でしたね。最初に買ってもらったのは古田敦也さんモデルのキャッチャーミットで、早く柔らかくしたくて、練習がない日もずっと友達と公園で練習してました。あとキャッチャーフライ。(打球が上がった瞬間に)マスクをパッと取って、サッと後ろを向いて、バックネットに激突しながらキャッチするやつ。あれを絶対やりたいと思って、家の廊下でずっとその練習をしていたんですけど、ある時、ものすごい勢いでガラス扉にぶつかって、ヒザを9針くらい縫いました(笑)」

――その練習の成果を発揮できるチャンスはありましたか?

MOCA「全くなかったですね(笑)。中学に上がる時、リトルシニアで硬式野球をしようか迷ったんですけど、軟式でええやろと。その軟式野球で厳しいトレーニングをして激やせして、そこからサードに移ったんです」

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」