野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

生命の危機から見事復活 ロッテ新外国人マーティン直撃インタ「人生はどう転ぶか…」

レギュラーシーズンは残すところ40試合あまり。ここから大きな巻き返しを狙うロッテが、シーズン中の大型補強に踏み切った。今年6月22日までメジャーでプレーしていた強肩俊足の外野手、レオネス・マーティンを獲得。戦力アップに加え、チーム内での競争や意識が活性化する効果が期待される。

インタビューに応じたロッテのレオネス・マーティン【写真:佐藤直子】
インタビューに応じたロッテのレオネス・マーティン【写真:佐藤直子】

今年6月まで現役メジャーの31歳キューバ人「とてもいいチャンス」

 レギュラーシーズンは残すところ40試合あまり。ここから大きな巻き返しを狙うロッテが、シーズン中の大型補強に踏み切った。今年6月22日までメジャーでプレーしていた強肩俊足の外野手、レオネス・マーティンを獲得。戦力アップに加え、チーム内での競争や意識が活性化する効果が期待される。

 7月26日の本拠地・楽天戦でNPBデビューを果たしたマーティンは、翌日には決勝2ランとなる初ホームランで勝利に貢献。さらに、同日夜のスポーツニュースを賑わせたのが、5回に魅せた強肩だ。2死二塁から守る右翼で打球を捕ると、そのままノーバウンドで本塁へ送球。二塁から一気に本塁を狙った渡邊佳明を刺した鬼肩は、本拠地ファンをどよめかせた。

 2009年には、“赤い稲妻”の異名を執るキューバ代表選手として第2回WBCにも出場した31歳は、なぜNPB入りを選んだのか。メジャー9年で通算126盗塁、58本塁打、打率.244の成績を残したマーティンが、「Full-Count」の独占インタビューで新天地ロッテで戦う意気込みを明かした。

――今季はメジャーで開幕を迎えましたが、今はここ日本でロッテのユニホームを着ています。こういう展開になると想像していましたか?

「全然していなかったよ(笑)。人生はどう転ぶか分からないね。でも、今はロッテの一員として戦えることを誇りに感じているよ」

――ロッテと契約することになった経緯を教えて下さい。

「そもそも、いつかは日本でプレーしてみたいと思っていたんだ。キューバ人選手が何人もNPBでプレーしているように、キューバと日本の野球はとても縁が深いからね。もちろん、長くメジャーで活躍できるに越したことはないけれど、残念ながら6月下旬にインディアンスとは契約解除となってしまった。さぁ移籍先を考えよう、となった時、僕の代理人が『NPB球団にも声を掛けようと思うけど、どうかな?』と言うから、『もちろん!』って答えたんだよ。とてもいいチャンスだと思ったから。そこからトントン拍子に話が進んだんだ」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」