野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

埼玉と愛知は秋季リーグ初の引き分け 最終回まで得点を奪い合う

7日に埼玉県・市営浦和球場で行われた女子プロ野球・秋季リーグの埼玉アストライア対愛知ディオーネは4-4で秋季リーグ初の引き分けに終わった。

埼玉アストライア・泉由希菜【写真提供:日本女子プロ野球リーグ】
埼玉アストライア・泉由希菜【写真提供:日本女子プロ野球リーグ】

埼玉が最終回に3点追加で4-4の同点に

 7日に埼玉県・市営浦和球場で行われた女子プロ野球・秋季リーグの埼玉アストライア対愛知ディオーネは4-4で秋季リーグ初の引き分けに終わった。

「圧倒的」な強さで世界一を目指す 侍ジャパン女子代表・中島監督がW杯7連覇に懸ける想い(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 2試合連続完封勝利で3連勝中の埼玉アストライアは泉由有樹投手が秋季リーグ初先発。打線は初回、先頭の中田が左線への二塁打を放つと、4番泉由希菜が中前適時打で先制した。

 しかし、その後は両チーム4回まで無得点。愛知は5回1死一、二塁のチャンスで西山が中前適時打、続く代打榊原が右線への2点適時二塁打で逆転に成功。さらに変わった埼玉の2番手・一尾から4番の前田が中前適時二塁打で4-1とした。

 これに7回、埼玉が反撃。1死満塁の場面で中田の右前適時打、さらに続く只埜の右ゴロの間にさらに1点を追加し、愛知の先発・堀田ありさ投手は降板。泉由希菜の左前適時打で同点まで追いつくも、埼玉の3番手・甲斐田が後続を抑えて同点で試合を終えた。

 試合後、4番で先発出場した愛知の前田は、「今日は試合前に指導者に4番を任されましたがみんなが思っているランナーをかえす4番ではなく、繋ぐという形で4番になりました。最初の2打席は役割が果たせなかったのですが、3打席目にしっかりと打てたので、少しはチームの役に立てたかなと思います。4番を意識しすぎず、自分のプレーをする事が1番だなと感じた試合でした」とコメントした。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」